1. えがおのコラムNo.14「携帯電話による不倫・離婚問題」
夫婦関係修復の悩み

携帯電話による不倫・離婚問題

私たちは結婚して2年の夫婦です。旦那は一つ下なので少しだけ年上女房として生活しています。
職場結婚の末、わずか1年で結婚までこぎつけました。
それまではほとんど男っ気のなかった私は、このチャンスを無駄にしないように積極的にアピールを行い、あれよあれよという間に旦那をゲットしました。
元々まじめ一筋の人だったので私の猛アピールにも素直に応えてくれていましたが、ここ最近になって不審な行動が増えてきたように感じています。

そのきっかけとなったのが、同僚たちと飲む機会が増えたことに関してです。
今まで残業以外は定時で帰ってきたのにも関わらず、突然「今日は帰るのが遅くなるから」と言いだしたのです。
初めは仕事のストレス解消で飲みに行っているのかな、なんて軽く考えていましたが、ふと洗濯物の中からキャバクラのマッチが見つかったことで事態は急転。
思わずその日は泣きながら一晩中問い詰める事になりました。

それからというものの、旦那が携帯を肌身離さず持ち歩くようになりました。
最初のうちはあまり気になっていなかったのですが、ある日携帯を家に忘れた時に仕事場から「携帯に触らないで」と強い口調で言われて以来、かなり不審に感じています。
もしかしたら浮気相手とメールをしているのではないか、私が知らない女性と会っているのではないか、などとマイナスの事しか考えられない状態です。
相談をしたくとも、旦那の素行を知っている同僚たちは皆、「ただの思い込みだよ」となだめられるだけで、どんどん自分自身で追いこんでいる日々が続きました。
そんな時に出会ったのがNPO団体のカンセリングサービスです。

今まで誰にも本音で話すことが出来なかったことも、カウンセリングのプロの方が親身に対応してくれるため、言いたい事を全て洗いざらい吐き出すように電話越しに話してしまいました。
おかげで今まで胸につっかえていたモヤモヤも、少しずつ晴れてきているように感じられます。

携帯の件は未だ解決していません。 旦那が不倫している疑いが晴れず苦悩しているが、離婚はしたくないのが本音です。
でもいつかは分かる問題ならば、早めに旦那へ問い詰めるのもありかと最近考え始めています。
NPO団体の方からは問い詰める時の適切なアドバイスや、万が一離婚問題になったときの対処方法なども教えてもらえました。
おかげで今は前より強くなれたように感じられます。
まだまだ始まったばかりの問題ですが、負けずに頑張りたいと思います。

記事一覧へ