1. えがおのコラムNo.15「出張にまつわる不倫・離婚問題」
夫婦関係修復の悩み

出張にまつわる不倫・離婚問題

旦那と私は結婚して25年の熟年夫婦です。
お互い50歳も超えて子供も独り立ちをし、少しずつ一人の時間が作れるようになりました。
旦那も、今の役職になってから仕事が安定しはじめた事もあり、休みの日には仲間とツーリングに出かけています。年齢的にも活発に行動している姿は健康的に感じていたため、安全を危惧しながらお弁当を作るなどサポートをしてきました。そんな気持ちはどこへやら、私が知らないところで浮気は行われていたようです。
疑いのきっかけとして、急な出張が増えたことが一番だと感じています。
確かにある程度出世をすれば出張の回数が増える事も不思議ではありません。
しかしお土産や現地で食べた料理の話などがあまりにも少なく、本当に出張しているのかが疑問に感じていました。
ある日ゴールデンウィーク中にも関わらず、長期出張をしなければならないとの夫の言葉。
怪しいと思って職場に問い合わせたら、やはりカラ出張でした。
連休中で誰でも分かるような嘘なのにも関わらず、旦那の行動を止められなかったのは、それだけ浮気相手に惚れ込んだということなのでしょう。
後日、若い女性から旦那の名前で電話がかかってきた時には、怒りを通り越して半ばうすら笑いすら浮かんでいました。
あぁ裏切られるというのはこういうことなんだな、50を過ぎてから味わう屈辱は何とも言えない苦さを感じています。

その後は職場の友人からの誘いで、浮気や離婚問題に詳しいNPO法人へ相談しました。
友人も私と同様、旦那が浮気した事をきっかけに熟年離婚をしたそうです。
その時に助けてもらったのがNPO法人の存在でした。
私が電話した時も受付担当の方が親身にお話を聞いてくださり、いままでの屈辱が少しずつ解消されていきました。
もういい加減「不倫旦那」には離婚を突き付けたい一心でいたため、今後の対応についても具体的なスパンなど含め分かりやすく話してもらえました。

正直この年で離婚なんて、とはじめは考えていましたが、時間が経つにつれて怒りがどんどん膨らみ、今では証拠を集めて家を追い出したいと考えています。
旦那はそんな私の行動にまったく気づいていないようで、今日もいつも通り仕事へ出て行きました。
帰ってきたら家具や家にあるものが全てなくなっていたらどう思うのでしょうか。
そんな悪魔的な考えを持つ私も、周りから見たら十分怖いのかもしれません。
しかし浮気をした旦那はどうしても許せない、それが私の本心なのです。

記事一覧へ