1. えがおのコラムNo.22「不倫と浮気に関する問題」
不倫と浮気に関する問題

「不倫と浮気に関する問題」

よつばでは不倫と浮気の相談も多く寄せられますが、不倫は既婚者がパートナー以外の異性と性交渉を行う事で 民法上では「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」を不倫と定義しています。

浮気は、お互いに既婚者ではなく特定の異性と交際している恋人がいながら、他の異性と交際関係を持つことを一般的に浮気と呼び、 性交渉を伴わない男女間は浮気に含まれないとされています。

どちらの場合も発覚した場合はパートナーや交際相手の信用や信頼を失う可能性が高い事は同じとも言えますが、 不倫と浮気では発覚した際に相手に求められる内容が異なってきます。

不倫の場合は、双方が結婚している場合とどちらかが独身の場合がありますが、結婚している側のパートナーは不倫相手に対して それ相当の慰謝料を求める事ができますが、

どちらも既婚者ではない、通常の交際であった場合だと浮気相手に対して何かを求める場合、婚約している事実や同居期間が長く 内縁の妻や内縁の夫の定義に当てはまる場合以外は難しいのが現実です。

不倫や浮気を肯定は出来ない現実として、不倫の場合は結果的に離婚に繋がってしまうケースもあり、離婚する事で日常的に子供に会えなく なってしまったり、慰謝料や養育費なども支払わなくてはいけませんし、

浮気の場合も、仮に婚姻関係がないとしても浮気が発端で別れる原因になったり、状況によっては慰謝料の請求もありえるかと思います。 不倫・浮気の違いはあっても、結果的にはどちらの場合もそれなりの責任は付きまとってきますので、 もしパートナが怪しいなど感じたらカウンセラーにご相談ください。


記事一覧へ