1. ご相談の実例No.21「嫁が抱える浮気相談は専門家に!」
嫁が抱える浮気相談は専門家に!
嫁が抱える浮気相談は専門家に!

嫁が抱える浮気相談は専門家に!

60代女性相談者

私の息子夫婦は今年で結婚3年目を迎える新婚夫婦です。 都心から少し離れた場所に、義理の家族である私たちといっしょに同居しています。 まるで本当の娘のように接してくれている事もあり、何不自由なく生活をしていたのですが、嫁の浮気事件から少しずつ夫婦の関係に歪みが生まれています。

浮気が判明したのはちょうど半年前、休日のドライブ中の出来事です。 当時パートとして働きに出掛けている私は、車の運転は夫に、家事全般を嫁に任せっきりになっていました。 当然運転席に乗る事もなく、台所に関してもノータッチ状態でした。

それを逆手に車内には、浮気の証拠にも繋がるようなアイテムが沢山残されていました。 息子や夫が普段吸わないようなタバコや、一人では吸いきれないような大量の吸いがら、さらには地元とは程遠い場所でのレシートなどが見つかりました。

この証拠を見つけたのは私ではなく夫。 私が怒りの沸点を高める前に、バチーんと一発平手打ちが車内に響き渡りました。 その時の嫁の顔は今でも忘れられません。

これで懲りたかと思っていた矢先、今度は台所にも浮気の証拠が残されていました。 「友達とホームパーティをしたいから」と嫁だけが自宅に残り、私や息子たちは近くの大型ショッピングモールに出かけていましたが、その間白昼堂々不倫相手を自宅に呼んでいたようです。 もちろんこれも夫が不審に気づき、不自然な調理器具の移動や食器の使用後など、すぐさま証拠が集められ緊急家族会議が行われました。

話し合いの場では、嫁はずっと土下座ばかりを繰り返し、「離婚だけはしたくない」と言い続けていました。 息子からも「こんな嫁だけれど許してもらえないか」となだめられてしまい、結局現在の状態に至ります。 夫にはいろいろと相談に乗ってもらいましたが、最終的には「離婚はしないほうがよい」と言いくるめられてしまうため本音で話すことが出来ません。 そんな時にインターネットで見つけたのが浮気に関する無料相談所の存在でした。

電話にて無料の相談窓口があるという事もあり、その時の胸のうちを全て吐き出してしまいましたが、相談に乗ってくれた方は親身になって私の話を聞いてくれました。 的確なアドバイスもいただきましたが、今までの胸のわだかまりを話せただけで、とってもすっきりした事を覚えています。

今後も何か嫁に浮気の疑いが生まれたら相談してみたいと思います。 その前に今度こそ離婚へと結び付けたいのが本音でもありますが・・・。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ