1. ご相談の実例No.66「偽りの関係」
「偽りの関係」
「偽りの関係」

「偽りの関係」

30代男性相談者

両親にも紹介している婚約者と結婚を迷っておりました。

指輪も渡していたのですが、婚約者の両親は体があまり丈旦那さんでなく 体調が優れないので挨拶は少し待ってほしいと言われ続けていました。

交際歴も5年と短くはないですが、未だに会わせてもらえず 何か他に理由があるのか、婚約者に聞けないままでこちらに相談しました。

カウンセラーさんにこれまでの経緯や状況を伝えたところ、 こういったケースは別の彼氏がいるか、最近だと既婚者の可能性もある。と聞き、

自分の中でも婚約者になんとなく当てはまる部分もありましたが、 まさか…という気持ちもありましたが、はっきりさせる為にどのようにすれば よいか?のアドバイスをもらいました。

アドバイスを基に調べてみると、やはり婚約者は既婚者でした。 子供はいないようでしたが同じ家に帰る特定の男性は婚約者の 旦那さんである事が分かりました。

二世帯なのか、旦那さんか婚約者の両親であろう人の出入りもありました。 私はショックでたまりませんでしたが、 このままではお互いに良くないと思い、婚約者と話合いました。

婚約者としては、バレなければこのままずっと関係を続ける つもりだったようですが、

バレないで続けられるとも思っていなかったらしく、 ある程度の覚悟はしていたようです。

私は旦那さんに言うつもりはありませんでしたが、婚約者から謝罪の言葉と、 家族には言わないでほしい・・・という言葉を最後にさよならをしました。

とても辛い結果になってしまいましたが、トラブルになる前に 相談して良かったです。無料相談というところも助かりました。

ありがとうございました。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ