1. ご相談の実例No.70「不妊治療」
「不妊治療」
「不妊治療」

「不妊治療」

30代男性相談者

私と妻は、不妊治療2年目に入ろうとしています。

男性の私からすると、理解しようとしても分からない事が多々ありましたが、 夫婦共々頑張っていこうと気持ちも一つに歩んできました。

しかし、実際に夫の私よりも辛いのは妻です。

それは病院で聞いて分かっていた事だったので、妻の体も 出来る限り労わってきましたが、

定期検診の結果も妻の思い通りに進まない事で一喜一憂し、

元々は温和な妻が、些細な事でもカリカリし責められてしまいます。

私の中でも、そういった事が続いた積み重ねもあり、 処理できない事が増え、

ある日、我慢が出来ずにキツイ言い方をしてしまい、 結婚してから1番の大喧嘩をしてしまいました。

この時、不妊治療を継続する自信が無くなりました。

もやもやしたままの日常に誰かに聞いてもらいたいと探したのが、 無料相談のよつばさんでした。

私の話は今から思えば殆ど愚痴でしたが、自分の気持ちを ぶちまける様に話をしてしまいましたが、

女性のカウンセラーさんがそんな愚痴でもきちんと話を聞いてくれて、 女性の気持ちをレクチャーしてもらえました。

分かってはいたものの、冷静に考える事が出来なくなっていたので 改めて、女性の気持ちや考え方を再認識出来、

話が終わる事には、思いの丈が話せたことでもやもやして いたものが無くなっていました。

理屈とか、法律は割り切れますが男女の気持ちなので 答えがありません。

でも、夫婦で不妊治療をやると決め、頑張っている妻がいます。 私も妻の気持ちや辛さなどを夫として理解できる様に、

気を引き締め、改めて頑張ろうと思いました。

ありがとうございました。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ