離婚・不倫・結婚生活の無料相談所「NPO法人よつば」
メインメニュー
よつばについてご相談内容
賛助金とご協力ご相談・お問い合わせ
離婚・修復の悩み

弁護士・探偵・調査会社探し方 離婚・修復の悩み
一人でこのようなお悩みを抱えていませんか?
パートナーと離婚したい、離婚しようか迷っている、離婚を決めたが何からはじめてよいかわからない、離婚裁判がうまくすすまない、離婚後の生活に漠然とした不安がある、あるいは離婚を迫られているが関係を修復したい、など・・・離婚に関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?

夫婦関係を修復したい
夫婦関係を修復 よつばでは夫婦間の修復をしたい時にどうしたらよいか、どうすればより幸せな人生を送っていただけるかをカウンセラーがアドバイスしています。夫婦間の問題は多岐にわたりますので、一概に「こうすればうまくいく」とは言えません。ひとりひとりに合わせたカウンセリングが必要だと感じています。
よつばのカウンセリングは無料でご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

離婚の理由と必要な事
離婚したい場合、相手がすんなりと受け入れてくれる場合はいいですが、なかなかそうはいかないのも現状です。離婚裁判になった際に、離婚が認められる理由は、以下のとおりです。

1.相手に不貞行為があった場合
例:パートナーの不倫など(性的関係があること)

2.相手から悪意で遺棄された場合
例:強制的な別居、追い出されたなど

3.相手の生死が3年以上不明である場合
例:出て行ったきり連絡がとれない、など

4.相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
例:早期性痴呆、そううつ病、初老期精神病、偏執病など
※アルコール中毒、薬物中毒、劇物中毒、ヒステリー、ノイローゼなどは精神病には含まれません。

5.その他婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合
例:性格の不一致、性生活の不一致、暴力・暴言・虐待、配偶者の両親・親族との不仲など

但し、離婚はケースバイケースのため上記の理由があったとしても一概にできるとはいえません。また、証拠の立証が必要な場合もありますので、口頭だけでは認められないケースもあります。中でもご相談が一番多い「相手の不貞行為があった場合」の離婚については、証拠がないと認められないことが多いようです。離婚裁判をおこす前に、事前に準備しておくことが不可欠です。

離婚ができないケースもある
例えば、ギャンブル癖や借金が理由で離婚したい場合、離婚の原因としては認められていますが、証拠がないと認めらないケースが多いです。レシートや通帳などの記録を普段からとっておくようにすることが大切です。 また、不貞行為についてもやはり証拠が大切です。例えば異性とのメールを証拠にしようとしても、メールの内容が不貞相手との肉体関係があることまで合理的に推測させるものでなければなりません。また、写真や動画についても同様で、どこで会っているか、どんな状況で会っているか、それが不貞関係を立証できるものでないと、証拠として不十分となる可能性もあります。

有利に離婚を進めるために
離婚・修復についてのお悩み無料相談所よつば 離婚を有利に進めるためには、とにかく事前準備が必要です。正しい知識を身につけ、離婚理由を立証できる証拠をもって進めていくことが先決です。 証拠があれば、相手も認めるしかありません。また、証拠を先に相手に見せておくことで、裁判までいかずすんなりと離婚できた、というケースも多々あります。 そして、もしも話し合いで解決できず、離婚裁判を起こす場合には、信頼できる弁護士などの専門家に依頼することとなります。専門家の選び方は、こちらのページでも紹介していますが、離婚裁判の場合はやはり「離婚問題に強いかどうか」も重要です。弁護士も十人十色、得意なジャンルもそれぞれです。 離婚裁判は、あなたの人生を左右します。 あなたの大切な人生を任せる人=弁護士選びですから、失敗しないように慎重にすすめていくことが大切です。 よつばでは離婚カウンセリングをはじめ、専門家選びのご相談も受け付けております。迷っている方、不安がある方、どう進めたらいいか分からない方、どうぞお気軽にご相談ください。

その他のご質問の例
Q. 離婚する場合の具体的な手続きが知りたい。
Q.慰謝料を支払ってもらいたいがどうすればいいの?
Q.養育費はどのくらいもらえるものなの?
Q.弁護士に依頼はするべき?
Q.私の場合の離婚の有利な進め方は?

NPO法人よつばでは、無料相談を行っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

ご相談内容一覧へ

無料相談窓口:03-5812-4331