1. ご相談の実例No.18「旦那の不倫」
旦那の不倫
旦那の不倫

旦那の不倫

30代女性相談者

・なれそめ
私は37歳になる専業主婦です。 旦那は1つ上の元同僚で、10年前に職場結婚をしました。 映画やドラマなどの趣味がきっかけで付き合いはじめ、交際2年目に妊娠が発覚したことから入籍しました。 働く時間の関係からデートの回数もさほど多くなく、旦那の考え方や性格を全て把握する前に結婚したことは、今となっては後悔しています。

・不倫の疑い
そんな旦那に不倫の疑いが生まれたのは、ちょうど1年前の夏でした。 会社では毎年二泊三日の社員旅行に出かけるのですが、旦那からは「今年は三泊四日で出かける」と聞かされたからです。 その時はあまり深く考えなかったのですが、よくよく考えれば愛人と出かける計画をあらかじめ計画して組んでいたのでしょう。

・確証につながった出来事
そんな不可解な行動が、義母さんの電話により、疑惑から確証につながりました。

義母さん「○○(旦那の名前)、近くにいる?」
私「いえ、まだ社員旅行中かと思います。」
義母さん「そう、おかしいわね。実はついさっき知り合いから「似ている人を駅で見かけた」って言われたのよ
私「え?」

確か社員旅行はバスで出かけたはず。 ましてや三泊四日で出かける場所なのだから、近くの駅で見かけるはずもない。

気になった私は、社員時代の同僚に電話で聞いてみることにしました。 すると同僚からは「今年も社員旅行は二泊三日で組まれていた」とのこと。 旦那に対する疑惑が確証につながった瞬間でした。

・NPO団体に相談
その日の夜、旦那に社員旅行の事を問い詰めたところ、「パチンコに出掛ける日を作りたかった」「友人と飲む約束をしていた」と話をはぐらかすばかりで、すぐに寝室に逃げてしまう始末。 どうにも納得できない私は、この事を誰かに相談したいと考え、不倫相談のNPO団体に電話してみることにしました。 理由は「あまりに漠然とした浮気の疑いであり、同僚に相談するのにも躊躇する」からです。 夫婦の問題でもある以上、今まで誰にも話せなかった事でしたが、電話で受けたカウンセリングでは真摯に受け止めてもらい、具体的な解決方法についても応えてもらえました。

・アドバイスを受けた後
NPO団体に電話をした後は、アドバイスで受けたとおり「あまり深く考えこまず、周りの人にすぐ相談する」ことを考えながら行動しています。 自分だけが騒ぐのではなく、近くに味方を作っておくことが、旦那の浮気がはっきりした時のスムーズな対応につながると教えてもらえました。 今でも怪しい行動が目につきますが、確たる証拠を掴んだらもう一度相談してみます。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ