1. ご相談の実例No.50「会社同僚との浮気」
「会社同僚との浮気」
「会社同僚との浮気」

「会社同僚との浮気」

30代女性相談者

私は年上男性と10代の頃に結婚しました。 一度も働いた事がなく、アルバイトの経験もありませんでした。

結婚生活は順調に円満だったと思いますが、 突然夫から離婚を突き付けられました。

突然の事で私はどうしたらいいか分からず、翌日夫が仕事に行く時間を見計らって よつばさんの無料相談に電話しました。

原因が全く分からず、夫に何か変わった様子はなかったかと聞かれましたが 全く心当たりがありませんでした。その時は気を付けて様子をみてみてくださいと言われ、

数週間経った頃、夫が風邪を理由にしばらく出勤していないので、 いつ頃に出勤できるのか?と会社から電話がかかってきました。

私はてっきり夫が会社に出社しているものだと思っていたのでその電話はあり動揺を 隠せませんでした。

会社に行っていないならどこへ行っているのかが不安で仕方ありませんでした。 本人に事実確認をするのも怖くて、先ずはカウンセラーの人に話を聞いて貰おうと お電話をしたときは

今の段階では夫に追求せずまずは行動を把握しましょうとの事で言われたアドバイス通り に行動し、様子を見たところ、夫は実家に帰っているようでした。

夫の両親公認で実家に女性を招いていた事も知りましたが、 頻繁にその女性と会っている様で、指輪までプレゼントをしていました。

当時は、職場の人かは分かりませんでしたが、どうやら同じ職場の女性の様で、 風邪を引いいた時も、その時は彼女の家で寝ていたらしいです。

更に夫の両親も知っていたにも関わらず、私に黙っていたのかと思うと あまりの勝手ぶりにあきれ果て、離婚を決意しました。

あきれ果てたとは言え、怒っていない訳ではなかったので、 夫と浮気相手の女性にはきちんと責任を取らせようと感情的になっていましたが、 感情で動いてはいけないとカウンセラーの人がなだめてくれ、

まずは、冷静に夫と浮気相手への責任として慰謝料請求を行い、それらの責任が済むまで 離婚の話を進める事はないとアドバイスを受け、現在も話し合っています。

こちらの希望通りの条件での慰謝料と離婚条件をのんでもらえそうなので、 今は気持ちも少し落ち着いてきましたが、

もし、誰にも相談せずに感情的に行動していたら、話がこじれていたかもしれない。 と思うと、担当のカウンセラーさんには本当に感謝しています。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ