1. えがおのコラムNo.3「夫婦関係の修復について」
夫婦関係修復の悩み

不倫の心理②?不倫をやめさせるには

不倫 修復方法その1 - お互いの考え方を理解し譲り合う

夫婦とは言えお互いに育ってきた環境は違うかと思います。中には似た境遇の中で育ってきた夫婦もいらっしゃるかとは思いますが、ほとんどの夫婦は違う環境で育ってきた 事で自分にもってないものに魅力を感じ夫婦になっているかと思います。

そういった夫婦生活の中で、一方が譲るまたは我慢をして、違いを一致させようとしている事が夫婦として当然と勘違いしやすいのも現実かと思います。 そういった無理が積み重なり、一言では言い表せない性格や価値観の不一致につながり 精神的にも疲れ果て、結果的に別れる事で解決する“離婚”という道を選択するしかなくなってしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか?

夫婦である前に一人の人として考え方はそれぞれです。
その中でお互いに「合わせる」のではなく、お互いに「理解する」事が重要なのです。

結婚してからどんなに仲睦まじく生活をしてきても、1~10までピタリと合う!という事はないかと思います。
「理解する」という事は、「認め合う事」つまり相手を許すこと。夫婦としてはこれが本来の愛です。
性格は千差万別で合わなくて当たり前です。ましてや、別々の家庭で育ってきた中で、価値観が合うという事はそうそうありません。違いがあるからこそ、うまくいくともいえるわけです。
もし、今がうまくいっていないと考えるのであれば、考え方の違いを無理に合わせようとした結果、悪い方に作用しているのではないでしょうか。

夫婦として生活が始まれば、結婚前には見えなかった性格や価値観の違いや何かしらの 問題が出てくることは避けられません。その度に離婚を考えていてはそれこそ疲れてしまいます。だからこそお互いの考え方の違いを認め合い相手を許す事。一方的ではなくお互いに相手の考え方を頑張って理解してみましょう。


修復方法その2 - 自身の考え方の伝える

先程、お互いの考え方を理解すると伝えましたが、これは相手の意見を飲み込みという事ではなく、あくまでも理解する、つまり何を考えているのか?を理解する事です。
長い時間を過ごすと、相手の良い部分よりも、悪い所にが目に付くようになり、お互いの不満へ繋がってしまいます。
頭ごなしに、感情的になり不満を言ってもしまっても相手は引いてしまいます。 大切なのは、お互いに感情論にならずその場はグッと堪えて、いかに冷静になるか?、を考えてみるようにしてください。
それには、相手の長所・短所を書き出してみます。相手の良い所を認識した上で、どうしても直して欲しい事を手紙に書いて渡します。
生活を共にし、いつでも話ができるのに、手紙なんて…と思われるかも知れませんが、だからこそ手紙を書くという事が良いのです。
冷静に話し合あい、相手の事を理解するに手紙に自分の言いたい事をまとめそれに必ず返事を書いてもらうようにしましょう。手紙を書くことは、自分自身の心の整理にもなり、感情的にもならず伝えたいことが伝わります。 二人の関係がすぐによくなるという訳にはいかないかも知れませんが、少しずつ良い方向にでも変化していく可能性は含んでいます。


修復方法その3 - 付合っていた頃、新婚当初を思い出す

付き合っていた頃や結婚当初はどんな夫婦もラブラブなはずです。 そういったお互いに良かった頃を思い出してみましょう。

色々な事があったかとは思いますが、久しぶりに二人だけで思い出の場所を巡るデートをする事も良い方法です。
その際に、恥ずかしがらずできるだけ当時の雰囲気に近いオシャレをして、少しでも当時の気持ちに近づいてみてください。子供がいる場は可哀想とは思わず、現状のままで夫婦生活を続け両親の仲が悪かったり、離婚することになってしまう方が、子供にとっては一番可哀想な事です。
また、夫婦として毎日顔を合わせているのですからマンネリに陥るのは仕方ありません。これを脱するには、ヘアースタイル・メイク・ファッションなどでお互いに印象を変える事も良いかと思います。いつもと違うあなたに変身してみてください。 結果的に「惚れ直した!」と相手に言われるくらい印象を変え、夫婦関係にも刺激を与え新しい風を入れてみましょう。

記事一覧へ