1. 夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは
夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは
夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは

友達への離婚相談のメリットとデメリット、そして専門家への離婚相談の重要性を詳しく解説

離婚を考えるとき、誰に離婚相談をすればいいのでしょうか。

多くの人は、まず友達や家族に心の内を打ち明けたくなるはずです。

確かに、信頼できる友人は大きな心の支えになってくれるでしょう。しかし、離婚は単なる感情的な問題ではありません。

法的な複雑さや、子供への影響など、友達のアドバイスだけでは解決できない課題がたくさんあります。

この記事では、友達への離婚相談のメリットとデメリット、そして専門家への離婚相談の重要性を詳しく見ていきます。

目次

夫婦のことを友達に話すメリット

夫婦のことを友達に話すメリット

まずは、離婚相談含め夫婦のことを友達に話すメリットについて考えていきましょう。

あなたの支えになってくれる

離婚などの夫婦間の問題は、精神的にも非常に辛いものです。友達は、あなたの気持ちや感情を理解し、共感してくれる存在です。

あなたの味方ですから、友達に離婚相談をすることで心が軽くなるかもしれません。

友達からの励ましや慰めは、心の負担を軽減し、辛い状況を乗り越えるための力になります。

また、友達が感情的な支えになってくれることで、ストレスや不安が軽減され、冷静な判断を下す助けにもなるかもしれません。

友達への離婚相談を通じて、自分の気持ちを整理し、前向きに行動するためのエネルギーを得ることができるでしょう。

信頼できる相談相手がいる安心感

信頼できる友達に離婚相談をすることで、味方がいるという安心感も得られるでしょう。

信頼関係が築かれている友達は、あなたの個人的な状況や背景を理解しているため、安心して離婚相談をすることができます。

この安心感は、あなたの孤立感を和らげてくれるはずです。離婚問題に直面しているあなたにとって、大きな支えとなります。

また、信頼できる友達ならあなたの秘密を守ってくれるでしょう。

「信頼できる相談相手がいる」という安心感が、あなたの心の安定を保ち、冷静に問題に対処するための土台となるはずです。

実体験に基づくアドバイスがもらえることも

離婚やセックスレス、夫婦関係の再構築に経験がある友達なら、実体験に基づくアドバイスをくれるかもしれません。

離婚相談をした友達が同じような経験をしている場合、その経験から得た教訓や対処法を共有してくれることで、自分が行動すべきことを現実的かつ具体的に考えることができます。

理論や一般論ではなく、実際の体験に基づいているため、より信頼性が高いのではないでしょうか。

また友達の成功体験や失敗談を聞くことで、自分の状況に対する新しい視点やアプローチを見つけることができるかもしれません。

夫婦のことを友達に話すデメリット

夫婦のことを友達に話すデメリット

上記の通り、友達に離婚相談をすることで得られるメリットは人によって様々です。

しかし、夫婦のことを友達に話す場合にはそのデメリットも考慮し、離婚相談をする必要があるのかないのか、相談相手は友達でいいのかを慎重に考えることをおすすめします。

ここでは、友達に離婚相談をする前に考えてみてほしい、夫婦のことを友達に話すデメリットについて紹介していきます。

あなたの悩みが周りにバレてしまう可能性がある

離婚相談を友人にした場合、あなたの悩みが思わぬ形で広まってしまうリスクは0にできません。

友人は善意で他の友人に相談したり、慰めを求めたりするかもしれません。

情報が広まると、職場の同僚や子どもの学校の保護者など、自分が知られたくない人にまで夫婦の問題が知れ渡ってしまう可能性があります。

周囲の人々のあなたへの見方を変えてしまうかもしれません。

例えば、子どもの友達の親がその話を聞いて、あなたの子どもとの付き合いを避けるようなことがあれば、子どもにも影響します。

また、あなたが離婚相談をしたことがあなたの配偶者の耳に入ってしまうことで、夫婦関係が一層悪化する可能性もあります。

特に修復を望んでいる場合、この影響は大きいでしょう。

偏見や感情が入ってしまうことも

友達は、あなたの味方になってくれるはずです。

しかし、それが必ずしも建設的なアドバイスにつながるとは限りません。

友達の人生経験や価値観は、あなたの夫婦関係とは異なります。そのため、友人の助言には偏見や感情が入り込みやすいのです。

例えば、友人が過去に不倫された経験があれば、「絶対に許すな」と強く言うかもしれません。

あるいは、友人の親が離婚して辛い思いをしたなら、「子どものためにも絶対に離婚するな」と主張するかもしれません。

これらの言葉が、自分の夫婦の実情に合っているとは限りません。

また、友達はあなたの味方なので、ついつい配偶者の悪い面ばかりを見てしまう可能性が高いです。

「そんな人と一緒にいる価値はない」など、離婚を煽るようなことを言われる場合もあるでしょう。

しかし夫婦関係は複雑で、外から見えない良い面もあります。感情的な偏見に影響されて、本来なら修復可能だった関係を壊してしまうかもしれません。

友人への離婚相談で注意すべき点

友人への離婚相談で注意すべき点

先述した通り、友達への離婚相談にはメリットもあれば、デメリットもあります。

ここでは、あなたがこれ以上苦しい思いをしないために、友達に離婚相談をする前に考えてほしい注意点を紹介します。

今離婚相談をしようと思っている友達は本当に信頼できる人でしょうか?あなたの味方になってくれるでしょうか。

相談相手選びは慎重に

離婚相談はあなただけでなく、あなたの配偶者にも関わるプライベートな話です。

相談相手は、あなたの秘密を絶対に漏らさない信頼できる人を選びましょう。

長年の付き合いがあり、自分の性格や価値観を理解してくれている友人が理想的です。噂話が好きな人や、SNSに私生活をさらけ出すような人への離婚相談は避けた方がいいでしょう。

共通の友人は避ける

離婚相談は、夫婦共通の友人にはしない方がいいかもしれません。

夫婦共通の友人は善意で両方の立場を理解してくれようとするかもしれませんが、それがかえって混乱を招いてしまうこともあります。

また、自分がした離婚相談の内容が配偶者に伝わってしまう可能性も高くなります。

相手の人生経験を考慮する

離婚を経験している友人は具体的なアドバイスをくれるかもしれません。

しかしその経験があまりに強烈だと、あなたの状況と重ねて感情的になることも。

逆に、円満な結婚生活を送っている人は、離婚の現実的な難しさを理解していないかもしれません。相手の背景を踏まえつつ、バランスの取れた視点を持つ人を選びましょう。

全てを話しすぎない

離婚問題は複雑で感情的になりがちです。友達に離婚相談をする際にはつい全てを話してしまいたくなります。

配偶者の浮気の詳細や、喧嘩の際の配偶者の言動など、細かいエピソードまで伝えてしまうかもしれません。

しかし、全てを話しすぎることはおすすめできません。

まず、話しすぎてしまうことで、あなたのプライバシーが守られなくなります。

友人は信頼していても、その友人が別の人に話してしまう可能性は否定できません。特に衝撃的な内容は、つい他人に話したくなるものです。

それが噂となって広まり、職場や子どもの学校にまで影響が及ぶかもしれません。

また、細かいエピソードを話せば話すほど、友達があなたの立場に感情移入しすぎる可能性が高くなります。

例えば、配偶者の些細な言葉を伝えることで、友人は「そんなひどいことを言う人と一緒にいてはダメ」と断言するかもしれません。

しかし実際には、その言葉は大きな喧嘩の中の一部分に過ぎないかもしれません。

さらに、友達への離婚相談で全てを話してしまうことで、修復の可能性を見失ってしまうことすらあります。

マイナス面ばかり強調してしまうと、友達もあなた自身も、良い面を見落としがちです。離婚を決断する前に、バランスの取れた、フラットな視点を持つことが大切です。

友人への離婚相談はおおまかに話すように心がけ、今のあなたの気持ちを伝えるに留めましょう。

友人のアドバイスを鵜呑みにしすぎない

友達のアドバイスは、あなたを思う気持ちからくるものです。しかし、それをそのまま実行に移すのは危険です。

なぜなら、友達のアドバイスには偏りがあるからです。

友達のアドバイスは、離婚相談をされたその友達自身の経験や価値観からくるもの。

しかし、あなたの夫婦関係はその友達の過去の経験とは違います。状況も、登場人物の性格も、背景も異なります。

繰り返すようですが、友達の経験を踏まえたアドバイスがあなたの状況に最適とは限りません。

友達のアドバイスは、あくまで参考意見として受け止めましょう。

専門家に離婚相談をすることも検討しよう

専門家に離婚相談をすることも検討しよう

友達に離婚相談をすることで、あなたは心の支えを得ることができるかもしれません。

もちろん、友人や家族からの感情的サポートも大切ですが、専門家に相談することも非常に重要です。

法的手続きに関する現実的なアドバイスとサポートが必要

離婚は友達に話せるような単なる感情的な問題だけでなく、法的で複雑なプロセスを伴うものです。

法的手続きに関する現実的なアドバイスとサポートが必要になるため、専門家、特に弁護士に離婚相談をすることをおすすめします。

離婚の種類

まず、弁護士は離婚の種類(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)を説明し、あなたの状況に最適な方法を提案してくれます。

例えば、配偶者との対話が可能な場合は協議離婚、難しい場合は調停離婚などが適しているかもしれません。

それぞれの選択肢の利点と欠点、そして予想される結果を明確に説明してくれます。

財産分与

財産分与も大きな問題です。

婚姻中に取得した不動産、貯金、株式、年金など、すべての資産・負債の洗い出しと公平な分割方法を弁護士はアドバイスしてくれます。

時には、配偶者が隠し資産を持っていることもあります。弁護士は隠し資産の発見や、専門家(不動産鑑定士など)と協力して資産の適正価値評価も行います。

子供の今後について

子供がいる場合、親権や養育費、面会交流の取り決めは子供の人生を左右する事項です。

弁護士は子供の最善の利益を第一に考え、年齢や学校、両親の就労状況など多角的な視点からサポートします。

特に、養育費は子供の将来に直結するものです。

弁護士は客観的な基準に基づいて適切な金額を算出し、支払方法(口座振込や給与天引きなど)や滞納時の対処法まで提案してくれます。

慰謝料の問題

さらに、慰謝料の問題も。不貞行為やDVなどがあった場合、弁護士は証拠収集から金額の算定、交渉までサポートしてくれます。

感情的になりがちなこの問題を、法的・客観的に処理できるのは大きなメリットです。

このように、公平で将来に禍根を残さない離婚を実現するためには、弁護士への離婚相談をおすすめします。

友達には感情についての離婚相談をし、弁護士には法的なサポートを依頼することで、離婚という難しい問題を乗り越える力になるはずです。

カウンセリングをしっかり受けることができる

カウンセリングをしっかり受けることができる

離婚は人生の大きな分岐点であり、深刻な感情的・心理的影響を与えるものです。

心理カウンセラーやセラピストによる離婚相談カウンセリングは、あなたとあなたの子供の心の健康を守る重要な役割を果たしてくれます。

離婚過程では、悲しみ、怒り、不安、罪悪感、孤独感など、様々な感情が押し寄せます。

これらが混ざり合うと、冷静な判断が難しくなります。

カウンセラーは、あなたの中にあるこれらの感情を言語化し、整理します。

例えば、「配偶者への怒り」と「離婚への不安」を分けて考えることで、どちらの感情にも適切に対処できるようになるはずです。

友達に離婚相談をすることに戸惑いがある場合は、カウンセラーへの離婚相談を検討してみてください。

不倫・セックスレス・関係修復など、離婚相談はNPO法人よつばにお任せください

不倫・セックスレス・関係修復など、離婚相談はNPO法人よつばにお任せください

友達への離婚相談は大きな心の支えになりますが、その一方で自分が相談した内容が他の人に漏れたりや偏ったアドバイスしかもらえない可能性もあります。

そこで検討してほしいのが、専門家への離婚相談です。

弁護士は離婚の種類や財産分与、養育費などの法的問題を、現実的かつ公平に解決へと導きます。

カウンセラーは複雑な感情の整理や、自尊心の回復、子供のケアなど、心理的な側面をサポートします。

不倫、セックスレス、関係修復など、離婚の背景は様々ですが、NPO法人よつばはあなたが抱えている状況に寄り添います。

友達への離婚相談に踏み切れない場合や、どこに相談すればいいのかわからない場合は、NPO法人よつばの無料離婚相談をご利用ください。

どんな些細なことでも構いません。あなたの不安を解消するサポートをいたします。

NPO法人よつばの
無料相談はこちら
HOME > 夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは
この記事では、友達への離婚相談のメリットとデメリット、そして専門家への離婚相談の重要性を詳しく見ていきます。
夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは
夫婦のことは友人に話さない方がいい?友達への離婚相談における注意点とは

友達への離婚相談のメリットとデメリット、そして専門家への離婚相談の重要性を詳しく解説

離婚を考えるとき、誰に離婚相談をすればいいのでしょうか。

多くの人は、まず友達や家族に心の内を打ち明けたくなるはずです。

確かに、信頼できる友人は大きな心の支えになってくれるでしょう。しかし、離婚は単なる感情的な問題ではありません。

法的な複雑さや、子供への影響など、友達のアドバイスだけでは解決できない課題がたくさんあります。

この記事では、友達への離婚相談のメリットとデメリット、そして専門家への離婚相談の重要性を詳しく見ていきます。

目次

夫婦のことを友達に話すメリット

夫婦のことを友達に話すメリット

まずは、離婚相談含め夫婦のことを友達に話すメリットについて考えていきましょう。

あなたの支えになってくれる

離婚などの夫婦間の問題は、精神的にも非常に辛いものです。友達は、あなたの気持ちや感情を理解し、共感してくれる存在です。

あなたの味方ですから、友達に離婚相談をすることで心が軽くなるかもしれません。

友達からの励ましや慰めは、心の負担を軽減し、辛い状況を乗り越えるための力になります。

また、友達が感情的な支えになってくれることで、ストレスや不安が軽減され、冷静な判断を下す助けにもなるかもしれません。

友達への離婚相談を通じて、自分の気持ちを整理し、前向きに行動するためのエネルギーを得ることができるでしょう。

信頼できる相談相手がいる安心感

信頼できる友達に離婚相談をすることで、味方がいるという安心感も得られるでしょう。

信頼関係が築かれている友達は、あなたの個人的な状況や背景を理解しているため、安心して離婚相談をすることができます。

この安心感は、あなたの孤立感を和らげてくれるはずです。離婚問題に直面しているあなたにとって、大きな支えとなります。

また、信頼できる友達ならあなたの秘密を守ってくれるでしょう。

「信頼できる相談相手がいる」という安心感が、あなたの心の安定を保ち、冷静に問題に対処するための土台となるはずです。

実体験に基づくアドバイスがもらえることも

離婚やセックスレス、夫婦関係の再構築に経験がある友達なら、実体験に基づくアドバイスをくれるかもしれません。

離婚相談をした友達が同じような経験をしている場合、その経験から得た教訓や対処法を共有してくれることで、自分が行動すべきことを現実的かつ具体的に考えることができます。

理論や一般論ではなく、実際の体験に基づいているため、より信頼性が高いのではないでしょうか。

また友達の成功体験や失敗談を聞くことで、自分の状況に対する新しい視点やアプローチを見つけることができるかもしれません。

夫婦のことを友達に話すデメリット

夫婦のことを友達に話すデメリット

上記の通り、友達に離婚相談をすることで得られるメリットは人によって様々です。

しかし、夫婦のことを友達に話す場合にはそのデメリットも考慮し、離婚相談をする必要があるのかないのか、相談相手は友達でいいのかを慎重に考えることをおすすめします。

ここでは、友達に離婚相談をする前に考えてみてほしい、夫婦のことを友達に話すデメリットについて紹介していきます。

あなたの悩みが周りにバレてしまう可能性がある

離婚相談を友人にした場合、あなたの悩みが思わぬ形で広まってしまうリスクは0にできません。

友人は善意で他の友人に相談したり、慰めを求めたりするかもしれません。

情報が広まると、職場の同僚や子どもの学校の保護者など、自分が知られたくない人にまで夫婦の問題が知れ渡ってしまう可能性があります。

周囲の人々のあなたへの見方を変えてしまうかもしれません。

例えば、子どもの友達の親がその話を聞いて、あなたの子どもとの付き合いを避けるようなことがあれば、子どもにも影響します。

また、あなたが離婚相談をしたことがあなたの配偶者の耳に入ってしまうことで、夫婦関係が一層悪化する可能性もあります。

特に修復を望んでいる場合、この影響は大きいでしょう。

偏見や感情が入ってしまうことも

友達は、あなたの味方になってくれるはずです。

しかし、それが必ずしも建設的なアドバイスにつながるとは限りません。

友達の人生経験や価値観は、あなたの夫婦関係とは異なります。そのため、友人の助言には偏見や感情が入り込みやすいのです。

例えば、友人が過去に不倫された経験があれば、「絶対に許すな」と強く言うかもしれません。

あるいは、友人の親が離婚して辛い思いをしたなら、「子どものためにも絶対に離婚するな」と主張するかもしれません。

これらの言葉が、自分の夫婦の実情に合っているとは限りません。

また、友達はあなたの味方なので、ついつい配偶者の悪い面ばかりを見てしまう可能性が高いです。

「そんな人と一緒にいる価値はない」など、離婚を煽るようなことを言われる場合もあるでしょう。

しかし夫婦関係は複雑で、外から見えない良い面もあります。感情的な偏見に影響されて、本来なら修復可能だった関係を壊してしまうかもしれません。

友人への離婚相談で注意すべき点

友人への離婚相談で注意すべき点

先述した通り、友達への離婚相談にはメリットもあれば、デメリットもあります。

ここでは、あなたがこれ以上苦しい思いをしないために、友達に離婚相談をする前に考えてほしい注意点を紹介します。

今離婚相談をしようと思っている友達は本当に信頼できる人でしょうか?あなたの味方になってくれるでしょうか。

相談相手選びは慎重に

離婚相談はあなただけでなく、あなたの配偶者にも関わるプライベートな話です。

相談相手は、あなたの秘密を絶対に漏らさない信頼できる人を選びましょう。

長年の付き合いがあり、自分の性格や価値観を理解してくれている友人が理想的です。噂話が好きな人や、SNSに私生活をさらけ出すような人への離婚相談は避けた方がいいでしょう。

共通の友人は避ける

離婚相談は、夫婦共通の友人にはしない方がいいかもしれません。

夫婦共通の友人は善意で両方の立場を理解してくれようとするかもしれませんが、それがかえって混乱を招いてしまうこともあります。

また、自分がした離婚相談の内容が配偶者に伝わってしまう可能性も高くなります。

相手の人生経験を考慮する

離婚を経験している友人は具体的なアドバイスをくれるかもしれません。

しかしその経験があまりに強烈だと、あなたの状況と重ねて感情的になることも。

逆に、円満な結婚生活を送っている人は、離婚の現実的な難しさを理解していないかもしれません。相手の背景を踏まえつつ、バランスの取れた視点を持つ人を選びましょう。

全てを話しすぎない

離婚問題は複雑で感情的になりがちです。友達に離婚相談をする際にはつい全てを話してしまいたくなります。

配偶者の浮気の詳細や、喧嘩の際の配偶者の言動など、細かいエピソードまで伝えてしまうかもしれません。

しかし、全てを話しすぎることはおすすめできません。

まず、話しすぎてしまうことで、あなたのプライバシーが守られなくなります。

友人は信頼していても、その友人が別の人に話してしまう可能性は否定できません。特に衝撃的な内容は、つい他人に話したくなるものです。

それが噂となって広まり、職場や子どもの学校にまで影響が及ぶかもしれません。

また、細かいエピソードを話せば話すほど、友達があなたの立場に感情移入しすぎる可能性が高くなります。

例えば、配偶者の些細な言葉を伝えることで、友人は「そんなひどいことを言う人と一緒にいてはダメ」と断言するかもしれません。

しかし実際には、その言葉は大きな喧嘩の中の一部分に過ぎないかもしれません。

さらに、友達への離婚相談で全てを話してしまうことで、修復の可能性を見失ってしまうことすらあります。

マイナス面ばかり強調してしまうと、友達もあなた自身も、良い面を見落としがちです。離婚を決断する前に、バランスの取れた、フラットな視点を持つことが大切です。

友人への離婚相談はおおまかに話すように心がけ、今のあなたの気持ちを伝えるに留めましょう。

友人のアドバイスを鵜呑みにしすぎない

友達のアドバイスは、あなたを思う気持ちからくるものです。しかし、それをそのまま実行に移すのは危険です。

なぜなら、友達のアドバイスには偏りがあるからです。

友達のアドバイスは、離婚相談をされたその友達自身の経験や価値観からくるもの。

しかし、あなたの夫婦関係はその友達の過去の経験とは違います。状況も、登場人物の性格も、背景も異なります。

繰り返すようですが、友達の経験を踏まえたアドバイスがあなたの状況に最適とは限りません。

友達のアドバイスは、あくまで参考意見として受け止めましょう。

専門家に離婚相談をすることも検討しよう

専門家に離婚相談をすることも検討しよう

友達に離婚相談をすることで、あなたは心の支えを得ることができるかもしれません。

もちろん、友人や家族からの感情的サポートも大切ですが、専門家に相談することも非常に重要です。

法的手続きに関する現実的なアドバイスとサポートが必要

離婚は友達に話せるような単なる感情的な問題だけでなく、法的で複雑なプロセスを伴うものです。

法的手続きに関する現実的なアドバイスとサポートが必要になるため、専門家、特に弁護士に離婚相談をすることをおすすめします。

離婚の種類

まず、弁護士は離婚の種類(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚)を説明し、あなたの状況に最適な方法を提案してくれます。

例えば、配偶者との対話が可能な場合は協議離婚、難しい場合は調停離婚などが適しているかもしれません。

それぞれの選択肢の利点と欠点、そして予想される結果を明確に説明してくれます。

財産分与

財産分与も大きな問題です。

婚姻中に取得した不動産、貯金、株式、年金など、すべての資産・負債の洗い出しと公平な分割方法を弁護士はアドバイスしてくれます。

時には、配偶者が隠し資産を持っていることもあります。弁護士は隠し資産の発見や、専門家(不動産鑑定士など)と協力して資産の適正価値評価も行います。

子供の今後について

子供がいる場合、親権や養育費、面会交流の取り決めは子供の人生を左右する事項です。

弁護士は子供の最善の利益を第一に考え、年齢や学校、両親の就労状況など多角的な視点からサポートします。

特に、養育費は子供の将来に直結するものです。

弁護士は客観的な基準に基づいて適切な金額を算出し、支払方法(口座振込や給与天引きなど)や滞納時の対処法まで提案してくれます。

慰謝料の問題

さらに、慰謝料の問題も。不貞行為やDVなどがあった場合、弁護士は証拠収集から金額の算定、交渉までサポートしてくれます。

感情的になりがちなこの問題を、法的・客観的に処理できるのは大きなメリットです。

このように、公平で将来に禍根を残さない離婚を実現するためには、弁護士への離婚相談をおすすめします。

友達には感情についての離婚相談をし、弁護士には法的なサポートを依頼することで、離婚という難しい問題を乗り越える力になるはずです。

カウンセリングをしっかり受けることができる

カウンセリングをしっかり受けることができる

離婚は人生の大きな分岐点であり、深刻な感情的・心理的影響を与えるものです。

心理カウンセラーやセラピストによる離婚相談カウンセリングは、あなたとあなたの子供の心の健康を守る重要な役割を果たしてくれます。

離婚過程では、悲しみ、怒り、不安、罪悪感、孤独感など、様々な感情が押し寄せます。

これらが混ざり合うと、冷静な判断が難しくなります。

カウンセラーは、あなたの中にあるこれらの感情を言語化し、整理します。

例えば、「配偶者への怒り」と「離婚への不安」を分けて考えることで、どちらの感情にも適切に対処できるようになるはずです。

友達に離婚相談をすることに戸惑いがある場合は、カウンセラーへの離婚相談を検討してみてください。

不倫・セックスレス・関係修復など、離婚相談はNPO法人よつばにお任せください

不倫・セックスレス・関係修復など、離婚相談はNPO法人よつばにお任せください

友達への離婚相談は大きな心の支えになりますが、その一方で自分が相談した内容が他の人に漏れたりや偏ったアドバイスしかもらえない可能性もあります。

そこで検討してほしいのが、専門家への離婚相談です。

弁護士は離婚の種類や財産分与、養育費などの法的問題を、現実的かつ公平に解決へと導きます。

カウンセラーは複雑な感情の整理や、自尊心の回復、子供のケアなど、心理的な側面をサポートします。

不倫、セックスレス、関係修復など、離婚の背景は様々ですが、NPO法人よつばはあなたが抱えている状況に寄り添います。

友達への離婚相談に踏み切れない場合や、どこに相談すればいいのかわからない場合は、NPO法人よつばの無料離婚相談をご利用ください。

どんな些細なことでも構いません。あなたの不安を解消するサポートをいたします。

NPO法人よつばの
無料相談はこちら
笑顔のコラム
離婚・養育費
無料相談窓口(10時から18時/年中無休)
年間相談件数7000件
フッターバナー