1. 浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう
浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう
浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう

浮気調査を少しでも早く開始して不倫の証拠をつかめるよう、必要なものを準備しましょう

パートナーの言動に浮気の兆候があり、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼して証拠をつかむことをお考えの方は少なくありません。

パートナーは浮気をしているのか、それとも勘違いなのか、一日も早く事実を知りたいところですが、浮気調査には事前に準備が必要なものがあります。

この記事では探偵に浮気調査を依頼する際、スムーズに調査を進めるために事前に準備が必要なものについてくわしく解説します。

目次

浮気調査を探偵に依頼する場合に必要なもの

浮気調査を探偵に依頼する場合に必要なもの

浮気調査を探偵に依頼する場合、調査に必要なものがいくつかあります。

必要なものは探偵との最初の面談時などで説明を受けますが、場合によってはすぐに準備できないこともあるため、予め知っておけば安心です。

浮気調査を少しでも早く開始して不倫の証拠をつかめるよう、必要なものをチェックして、しっかり準備をしておきましょう。

自分でつかんだ浮気の証拠

自分でつかんだ浮気の証拠があれば、事前に情報提供をしましょう。

具体的には浮気相手にプレゼントしたと思われるクレジットカードの利用明細やラグジュアリーホテルの宿泊費の領収証など、単体では離婚や慰謝料請求には使えないような証拠のことです。

それらは不貞行為の証拠にはなりませんが、調査対象者の行動パターンを予想するのにも役立ちますし、浮気相手を特定する手がかりにもなり得ます。

またパートナーが浮気をしたと疑われるような日(帰りが遅かった、香水の匂いがしたなど)をチェックしメモしておくことも調査日の絞り込みに役立ちますから、浮気調査を効率的に進めるために必要なものといえるでしょう。

浮気調査の目的

探偵に浮気調査を依頼する際、最も必要なものに浮気調査の目的があります。

ただパートナーが浮気をしているか事実確認がしたいのか、浮気をしているなら不貞行為の証拠をつかんで離婚や慰謝料請求をしたいのか、離婚はせず夫婦関係を修復したいのかを明確にしておきましょう。

実際のところパートナーが浮気(不貞行為)をしているかも、と思った瞬間から冷静な判断ができなくなる人も少なくありません。

浮気の事実確認だけのつもりでいても、実際にパートナーが自分を裏切っていたことを知り、離婚や慰謝料請求を考えることもあるでしょう。

離婚や慰謝料の請求をするにはパートナーと浮気相手が不倫(不貞行為)をした証拠が必要になるため、新たに調査方針を立て直す必要がでてきます。

逆に浮気の証拠が見つかれば離婚して慰謝料請求しようと思っていても、浮気の証拠を元に話し合って夫婦関係の修復がしたいと考える人もいます。

このように自分の気持ちに変化が起こる可能性はありますが、探偵に浮気調査を依頼する時点での目的は明らかにしておくことが必要です。

調査対象者(パートナー)の情報

調査対象者(パートナー)の情報

浮気調査を行うにあたって必要不可欠なのは、調査対象者に関する情報です。

ここでは浮気調査を行う場合、具体的に必要なものをくわしく解説します。

探偵に浮気調査を依頼する予定がある方はここで紹介する必要なものを一度チェックしてみましょう。

調査対象者の写真

調査対象者を特定するために、現在の姿がわかる写真を数枚用意しましょう。

FacebookやインスタグラムなどのSNSの写真を印刷しても良いでしょう。

コンタクトレンズとメガネを使い分けている場合は、どちらの写真も準備しておくと調査がスムーズに進められます。

対象者の写真は正面からのものと横顔、全身が写っているものが揃うのがベストですが、そのために自分でわざわざ写真を撮影する必要はありません。

手元に全く写真がない場合は探偵事務所の方で下見をする方法もありますから面談の際に相談してみましょう。

調査対象者の身体的特徴

写真の他に尾行調査に必要なものは、調査対象者の身長や体重、ホクロや傷跡など、対象者を特定するための情報です。

尾行調査では人混みの中で行われることも多いですが、対象者を特定できる特徴が分かれば見失うなどの失敗の可能性が低くなります。

いつも持っている鞄やお気に入りの服装があれば、写真を撮っておくのも良い方法です。

車両情報

調査対象者が移動手段として車やバイク、自転車などを使っている場合、車種や色、ナンバー、いつも使っている駐車場などの情報も必要なものです。

またこれ以外に車両の傷や目立つアクセサリーなどの特徴があれば、探偵に伝えておくと尾行調査の際非常に役立ちます。

もし車内にドライブレコーダーが設置されている場合には中身を確認し、浮気(不貞行為)の証拠となりそうなものがあれば探偵に情報提供しておきましょう。

勤務先の情報

会社帰りに不倫が行われることも多いですから、調査対象者の勤務先の情報は浮気調査に必要なもののひとつです。

スムーズに浮気調査が行えるよう、会社の場所や通勤経路、就業時間、所属部署、業務形態(直行直帰がある、外回りが多いなど)についてくわしく情報提供しておきましょう。

またパートナーの出社時間や退勤時間、浮気の疑いが出てきてから変化があった場合にはそれについても伝えておくことをおすすめします。

行動パターン

定期的にジムに通っていたり、趣味で出かけるなど、行動にパターンがある場合はそれらの情報もスムーズな浮気調査に必要なものです。

よく行くお店や仲の良い友達など、浮気調査に必要なものと思えない情報であっても、思わぬところで役立つこともあるため、自己判断せずに探偵に伝えることをおすすめします。

パソコンの履歴やSNSでのやり取りなど

パソコンの履歴からパートナーの浮気の痕跡を見つけた場合、スマホで撮影するなどしてそれを保存したものを提供しましょう。

最近ではマッチングサイトで浮気相手を探す人も増えているため、パソコンを夫婦で共有している場合にはパートナーがどんなサイトを見ているのか履歴をチェックするのもひとつの方法です。

浮気に使っていそうな履歴やlineのやり取りを見つけたときには、あなたのスマホで写真を撮るなど証拠を残しておきましょう。

ただこれもパートナー(配偶者)のパスワードを使って自分で浮気調査を行うなどのリスクを冒す必要はありません。

浮気相手の情報

必ず必要なものではありませんが、浮気相手の情報があれば浮気調査を始める前に探偵に伝えておきましょう。

SNSでのやり取りから浮気が疑われる場合などは、疑わしい相手のアカウントやプロフィールを証拠として保存しておくことをおすすめします。

ただパートナーのスマホを無断でチェックする行為はプライバシー権の侵害にあたる恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

浮気の証拠をつかんで慰謝料請求を行う場合には不倫相手の住所や連絡先が必要になりますが、探偵による浮気調査で明らかにすることが可能ですから、自分で無理をして証拠を探す必要はないです。

調査日について

浮気調査を依頼する場合には、調査日を自分で指定することになります。

探偵による浮気調査は決して安いものではないため、調査日を絞り込むのに必要なものが不貞行為が行われるタイミングに関する情報です。

パートナーが不倫相手に会いそうな日や曜日、時間帯などの情報をつかんでいる場合は調査日を絞り込み、調査費用を抑えることができます。

また泊りがけの出張や旅行では不倫(不貞行為)が行われる可能性が高いため、そのような予定があれば調査日に指定すると良いでしょう。

事前の準備が必要な理由と、あらかじめ情報を提供するメリット

事前の準備が必要な理由と、あらかじめ情報を提供するメリット

探偵に浮気調査を依頼する際、事前準備が必要な理由はいくつかあります。

ひとつは浮気調査を効率的に、またスムーズに進めるためです。

パートナーについての情報が何もない状態で浮気調査を始めれば、まず浮気調査を行うために必要なものの調査が必要になり、調査期間が長くかかります。

調査期間が長くかかれば調査費用が高くなってしまいますが、事前に必要なものが準備できていれば調査期間を短縮し、費用を抑えることも可能です。

情報は多ければ多いほど効率的な調査が可能になり、浮気の証拠をつかみやすくなります。

このように浮気調査の際には事前に必要なものを可能な範囲で揃えることは調査期間を削減し、調査費用を抑えることにつながるというメリットがあるため、非常に大切だということがお分かり頂けるでしょう。

浮気調査に必要なものを集める際の注意点

浮気調査に必要なものを集める際の注意点

浮気調査に必要なものを集める際の注意点のひとつは「無理をしないこと」です。

無理をしてパートナーの浮気を疑っていることを知られると、警戒されてしまい、浮気調査を行ってもなかなか証拠がつかめない場合があります。

ですから浮気調査の調査日を絞り込むためにパートナーの予定をしつこく聞いたり、パートナーのスマホをこっそり見るなどの行為は避けた方が無難です。

パートナーの浮気でお悩みの時に普段通りの態度を維持するのは大変ですが、浮気調査をスムーズに進めるためには普段通りの態度で対応しましょう。

またパートナーの車や服装などの浮気調査に必要なものは、できるだけ写真で情報提供するのがおすすめです。

記事まとめ

記事まとめ

探偵に浮気調査を依頼する際、事前に準備が必要なものを紹介しました。

パートナーの怪しい行動に隠された事実を一日も早く明らかにするために必要なものは事前の準備と情報提供です。

これらは、浮気調査の目的が離婚や慰謝料請求のためであっても、浮気の事実確認であっても変わりません。

またパートナーに対してどのような態度をとれば良いのか、あるいは夫婦関係の修復を望む場合にどのような方法があるのかなどを相談されたい場合にはNPO法人よつばの無料相談をぜひご利用ください。

NPO法人よつばはどなたでも無料で浮気をはじめとするさまざまな個人のトラブルについてご相談が可能です。

専門カウンセラーが常駐しているため、お悩みを人に話して心の重荷を下ろしたい方やアドバイスがほしい方に柔軟に対応できます。

信頼できる探偵事務所や離婚問題に強い弁護士の紹介も可能ですのでお気軽にご相談ください。

HOME > 浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう
この記事では探偵に浮気調査を依頼する際、スムーズに調査を進めるために事前に準備が必要なものについてくわしく解説します。
浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう
浮気調査の際に必要なものとは?事前に情報を準備してから探偵に依頼しよう

浮気調査を少しでも早く開始して不倫の証拠をつかめるよう、必要なものを準備しましょう

パートナーの言動に浮気の兆候があり、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼して証拠をつかむことをお考えの方は少なくありません。

パートナーは浮気をしているのか、それとも勘違いなのか、一日も早く事実を知りたいところですが、浮気調査には事前に準備が必要なものがあります。

この記事では探偵に浮気調査を依頼する際、スムーズに調査を進めるために事前に準備が必要なものについてくわしく解説します。

目次

浮気調査を探偵に依頼する場合に必要なもの

浮気調査を探偵に依頼する場合に必要なもの

浮気調査を探偵に依頼する場合、調査に必要なものがいくつかあります。

必要なものは探偵との最初の面談時などで説明を受けますが、場合によってはすぐに準備できないこともあるため、予め知っておけば安心です。

浮気調査を少しでも早く開始して不倫の証拠をつかめるよう、必要なものをチェックして、しっかり準備をしておきましょう。

自分でつかんだ浮気の証拠

自分でつかんだ浮気の証拠があれば、事前に情報提供をしましょう。

具体的には浮気相手にプレゼントしたと思われるクレジットカードの利用明細やラグジュアリーホテルの宿泊費の領収証など、単体では離婚や慰謝料請求には使えないような証拠のことです。

それらは不貞行為の証拠にはなりませんが、調査対象者の行動パターンを予想するのにも役立ちますし、浮気相手を特定する手がかりにもなり得ます。

またパートナーが浮気をしたと疑われるような日(帰りが遅かった、香水の匂いがしたなど)をチェックしメモしておくことも調査日の絞り込みに役立ちますから、浮気調査を効率的に進めるために必要なものといえるでしょう。

浮気調査の目的

探偵に浮気調査を依頼する際、最も必要なものに浮気調査の目的があります。

ただパートナーが浮気をしているか事実確認がしたいのか、浮気をしているなら不貞行為の証拠をつかんで離婚や慰謝料請求をしたいのか、離婚はせず夫婦関係を修復したいのかを明確にしておきましょう。

実際のところパートナーが浮気(不貞行為)をしているかも、と思った瞬間から冷静な判断ができなくなる人も少なくありません。

浮気の事実確認だけのつもりでいても、実際にパートナーが自分を裏切っていたことを知り、離婚や慰謝料請求を考えることもあるでしょう。

離婚や慰謝料の請求をするにはパートナーと浮気相手が不倫(不貞行為)をした証拠が必要になるため、新たに調査方針を立て直す必要がでてきます。

逆に浮気の証拠が見つかれば離婚して慰謝料請求しようと思っていても、浮気の証拠を元に話し合って夫婦関係の修復がしたいと考える人もいます。

このように自分の気持ちに変化が起こる可能性はありますが、探偵に浮気調査を依頼する時点での目的は明らかにしておくことが必要です。

調査対象者(パートナー)の情報

調査対象者(パートナー)の情報

浮気調査を行うにあたって必要不可欠なのは、調査対象者に関する情報です。

ここでは浮気調査を行う場合、具体的に必要なものをくわしく解説します。

探偵に浮気調査を依頼する予定がある方はここで紹介する必要なものを一度チェックしてみましょう。

調査対象者の写真

調査対象者を特定するために、現在の姿がわかる写真を数枚用意しましょう。

FacebookやインスタグラムなどのSNSの写真を印刷しても良いでしょう。

コンタクトレンズとメガネを使い分けている場合は、どちらの写真も準備しておくと調査がスムーズに進められます。

対象者の写真は正面からのものと横顔、全身が写っているものが揃うのがベストですが、そのために自分でわざわざ写真を撮影する必要はありません。

手元に全く写真がない場合は探偵事務所の方で下見をする方法もありますから面談の際に相談してみましょう。

調査対象者の身体的特徴

写真の他に尾行調査に必要なものは、調査対象者の身長や体重、ホクロや傷跡など、対象者を特定するための情報です。

尾行調査では人混みの中で行われることも多いですが、対象者を特定できる特徴が分かれば見失うなどの失敗の可能性が低くなります。

いつも持っている鞄やお気に入りの服装があれば、写真を撮っておくのも良い方法です。

車両情報

調査対象者が移動手段として車やバイク、自転車などを使っている場合、車種や色、ナンバー、いつも使っている駐車場などの情報も必要なものです。

またこれ以外に車両の傷や目立つアクセサリーなどの特徴があれば、探偵に伝えておくと尾行調査の際非常に役立ちます。

もし車内にドライブレコーダーが設置されている場合には中身を確認し、浮気(不貞行為)の証拠となりそうなものがあれば探偵に情報提供しておきましょう。

勤務先の情報

会社帰りに不倫が行われることも多いですから、調査対象者の勤務先の情報は浮気調査に必要なもののひとつです。

スムーズに浮気調査が行えるよう、会社の場所や通勤経路、就業時間、所属部署、業務形態(直行直帰がある、外回りが多いなど)についてくわしく情報提供しておきましょう。

またパートナーの出社時間や退勤時間、浮気の疑いが出てきてから変化があった場合にはそれについても伝えておくことをおすすめします。

行動パターン

定期的にジムに通っていたり、趣味で出かけるなど、行動にパターンがある場合はそれらの情報もスムーズな浮気調査に必要なものです。

よく行くお店や仲の良い友達など、浮気調査に必要なものと思えない情報であっても、思わぬところで役立つこともあるため、自己判断せずに探偵に伝えることをおすすめします。

パソコンの履歴やSNSでのやり取りなど

パソコンの履歴からパートナーの浮気の痕跡を見つけた場合、スマホで撮影するなどしてそれを保存したものを提供しましょう。

最近ではマッチングサイトで浮気相手を探す人も増えているため、パソコンを夫婦で共有している場合にはパートナーがどんなサイトを見ているのか履歴をチェックするのもひとつの方法です。

浮気に使っていそうな履歴やlineのやり取りを見つけたときには、あなたのスマホで写真を撮るなど証拠を残しておきましょう。

ただこれもパートナー(配偶者)のパスワードを使って自分で浮気調査を行うなどのリスクを冒す必要はありません。

浮気相手の情報

必ず必要なものではありませんが、浮気相手の情報があれば浮気調査を始める前に探偵に伝えておきましょう。

SNSでのやり取りから浮気が疑われる場合などは、疑わしい相手のアカウントやプロフィールを証拠として保存しておくことをおすすめします。

ただパートナーのスマホを無断でチェックする行為はプライバシー権の侵害にあたる恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

浮気の証拠をつかんで慰謝料請求を行う場合には不倫相手の住所や連絡先が必要になりますが、探偵による浮気調査で明らかにすることが可能ですから、自分で無理をして証拠を探す必要はないです。

調査日について

浮気調査を依頼する場合には、調査日を自分で指定することになります。

探偵による浮気調査は決して安いものではないため、調査日を絞り込むのに必要なものが不貞行為が行われるタイミングに関する情報です。

パートナーが不倫相手に会いそうな日や曜日、時間帯などの情報をつかんでいる場合は調査日を絞り込み、調査費用を抑えることができます。

また泊りがけの出張や旅行では不倫(不貞行為)が行われる可能性が高いため、そのような予定があれば調査日に指定すると良いでしょう。

事前の準備が必要な理由と、あらかじめ情報を提供するメリット

事前の準備が必要な理由と、あらかじめ情報を提供するメリット

探偵に浮気調査を依頼する際、事前準備が必要な理由はいくつかあります。

ひとつは浮気調査を効率的に、またスムーズに進めるためです。

パートナーについての情報が何もない状態で浮気調査を始めれば、まず浮気調査を行うために必要なものの調査が必要になり、調査期間が長くかかります。

調査期間が長くかかれば調査費用が高くなってしまいますが、事前に必要なものが準備できていれば調査期間を短縮し、費用を抑えることも可能です。

情報は多ければ多いほど効率的な調査が可能になり、浮気の証拠をつかみやすくなります。

このように浮気調査の際には事前に必要なものを可能な範囲で揃えることは調査期間を削減し、調査費用を抑えることにつながるというメリットがあるため、非常に大切だということがお分かり頂けるでしょう。

浮気調査に必要なものを集める際の注意点

浮気調査に必要なものを集める際の注意点

浮気調査に必要なものを集める際の注意点のひとつは「無理をしないこと」です。

無理をしてパートナーの浮気を疑っていることを知られると、警戒されてしまい、浮気調査を行ってもなかなか証拠がつかめない場合があります。

ですから浮気調査の調査日を絞り込むためにパートナーの予定をしつこく聞いたり、パートナーのスマホをこっそり見るなどの行為は避けた方が無難です。

パートナーの浮気でお悩みの時に普段通りの態度を維持するのは大変ですが、浮気調査をスムーズに進めるためには普段通りの態度で対応しましょう。

またパートナーの車や服装などの浮気調査に必要なものは、できるだけ写真で情報提供するのがおすすめです。

記事まとめ

記事まとめ

探偵に浮気調査を依頼する際、事前に準備が必要なものを紹介しました。

パートナーの怪しい行動に隠された事実を一日も早く明らかにするために必要なものは事前の準備と情報提供です。

これらは、浮気調査の目的が離婚や慰謝料請求のためであっても、浮気の事実確認であっても変わりません。

またパートナーに対してどのような態度をとれば良いのか、あるいは夫婦関係の修復を望む場合にどのような方法があるのかなどを相談されたい場合にはNPO法人よつばの無料相談をぜひご利用ください。

NPO法人よつばはどなたでも無料で浮気をはじめとするさまざまな個人のトラブルについてご相談が可能です。

専門カウンセラーが常駐しているため、お悩みを人に話して心の重荷を下ろしたい方やアドバイスがほしい方に柔軟に対応できます。

信頼できる探偵事務所や離婚問題に強い弁護士の紹介も可能ですのでお気軽にご相談ください。

笑顔のコラム
離婚・養育費
無料相談窓口(10時から18時/年中無休)
年間相談件数7000件
フッターバナー