1. 浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは
浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは
浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは

浮気調査の結果が白だったとき、パートナーが本当に浮気をしていないとは限らない

パートナーの浮気を確信したため、証拠を突きつけて離婚しよう、と決意して探偵に浮気調査を依頼したにも関わらず調査結果が白だった。

クロだと信じて疑わなかっただけに、調査結果が白だったといわれても、受け止めるのはなかなか難しいことでしょう。

この記事では、探偵事務所や興信所に依頼した浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいことや、その後すべきことについてくわしく解説します。

目次

浮気調査の結果が「白だった」ということも実際にある

浮気調査の結果が「白だった」ということも実際にある

探偵による浮気調査の結果は、必ずしもクロというわけではありません。「白だった」ということも実際にあります。

ただ「浮気の事実がなかった(白だった)」といわれても、一度生まれた疑念は簡単に拭えるものではないでしょう。

白だったという探偵事務所の調査結果を受けて、今後パートナーとどう向き合っていけば良いのかという対処についても考える必要がありそうです。

証拠がつかめなかったときに想定できるケース

探偵による浮気調査で証拠がつかめなかった時に想定できるケースとして、次のようなことが考えられます。

①本当に浮気の事実がない

パートナーが本当に浮気をしておらず結果が白だったケースもあります。

例を挙げると、パートナーがあなたに許してもらえないような趣味にこっそり没頭していたり、友人のトラブルに巻き込まれていたりして、それが浮気を疑われるような言動につながっていたというケースです。

その場合は浮気を疑ってしまったこと、探偵による浮気調査で事実を知ったことを素直に謝り、夫婦で話し合いの場を持つことをおすすめします。

また確信が持てない段階で探偵に浮気調査を依頼した場合、浮気調査の結果が白だったというケースは少なくありません。

調査費用も決して安いものではありませんから、確信が持てない段階で探偵に浮気調査を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

②浮気の証拠がつかめなかった

浮気調査で証拠がつかめず、結果として白だったというケースもあります。

例えば慎重な性格のパートナーであれば、あなたの態度の違いから浮気に気づかれていると感じ、ほとぼりが冷めるまで浮気相手と会うのを控えた結果白だったという可能性もあるでしょう。

浮気調査を依頼した探偵事務所や興信所の調査スキルが低く、調査対象者であるパートナーに気づかれるケースも稀にあります。

また元々浮気が頻繁に行われておらず、探偵による浮気調査の期間と浮気相手に会う予定が合わなかったため白だった可能性もあるでしょう。

浮気調査は長くかかれば費用が高額になりますから、パートナーの浮気が強く疑われるタイミングで調査スキルの高い探偵に浮気調査を依頼することが大切です。

③浮気相手とすでに別れてしまった

タイミングによっては探偵が浮気調査を行う時点で浮気相手とすでに別れてしまっていたため、結果が白だったということもあります。

その場合、過去にさかのぼって浮気をしていた証拠を見つけるのはかなり難しいかも知れません。

探偵による浮気調査で過去に浮気があったことが判明した場合は、夫婦での話し合いを行い関係の修復をはかるか、再調査によって浮気の証拠をつかみ離婚や慰謝料請求を行うかなどの選択をすることになるでしょう。

④肉体関係がない

パートナーは浮気相手と会っているけれど肉体関係がない場合もあります。いわゆる心の浮気だけで、調査結果としては白だったということです。

ドラマなどで「体の浮気は許せても心の浮気は許せない」というセリフがありますが、たしかに気持ちを持っていかれる方が耐えられないという方も多いでしょう。

心の浮気でも浮気には違いありませんが、離婚や慰謝料請求を行うためには肉体関係があることを示す証拠が必要となるため、このケースでは浮気調査の結果は白ということになります。

浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと

浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと

探偵による浮気調査の結果が白だった場合、次のようなポイントに注意しましょう。

①冷静になること

探偵による浮気調査の結果が白だった場合、まずは冷静になりましょう。

一番注意しなければいけないのは「何もないはずはない」と浮気の証拠をつかむために調査をいつまでも続けてしまうことです。

良心的な探偵事務所や興信所であれば「浮気調査を続けても何の証拠も出てこないことが予想されるため、時間とお金をムダにすることになりますよ」とアドバイスしてくれるでしょう。

悪質な探偵業者の場合「もう少し調査すれば何か不倫の証拠が出てくるかも知れません」と再調査を促し、高額な調査費用を請求する恐れもあります。

まずは冷静になって調査結果を受け止めましょう。

②自分の感情と向き合うこと

浮気調査の結果が白だった場合、さまざまな感情が湧き上がってきます。

完全な白だった場合には罪悪感を覚えるかも知れません。

浮気調査を依頼したことを後悔する可能性もあるでしょう。

またパートナーが浮気をしていないと分かってホッとした気持ちや、じゃああの怪しい行動は何だったの?という疑念が残る場合も考えられます。

それらの感情と素直に向き合い、自分の気持ちを整理してみましょう。

③違法行為を行わないこと

探偵に依頼した浮気調査が白だったことで「絶対に浮気をしているはずだ」と意地になり、探偵に依頼せず違法な浮気調査を行うケースもあります。

例えばパートナーの持ち物にボイスレコーダーを仕掛けたり、スマホにGPS機能のある浮気防止アプリを無断でインストールしたりしれば、違法行為として損害賠償請求されることもあり得ます。

違法行為による浮気調査で、万が一ボイスレコーダーの音声などの証拠が手に入ったとしても、離婚や慰謝料請求には使えません。

またボイスレコーダーなどを仕込んで違法に浮気調査を行っていたことがパートナーに知られれば、夫婦関係に修復が難しい溝ができてしまう可能性が高いでしょう。

浮気調査の結果が白だったことを信じられず、違法行為を行うことはリスクが大きくメリットがひとつもありませんから絶対に止めましょう。

それでも浮気を疑ってしまう。後悔しないためにすべきこと

それでも浮気を疑ってしまう。後悔しないためにすべきこと

探偵による浮気調査の結果が白だったとしても、一度抱いた疑念はなかなか消えてくれないものです。

だからといって不安になるあまりパートナーに対してひどい態度をとってしまうと、パートナーの気持ちが離れてしまう恐れもあります。

では浮気調査の結果が白だった場合どうするのが正解なのでしょう。

ここでは夫婦関係が壊れてしまう前にすべきことをくわしく紹介します。

①パートナーに対して思っていることを正直に伝える

浮気調査を行ったこと、結果が白だったことをパートナーに話して謝罪し、そこに至った経緯や理由、不安だった気持ちなどを正直に伝えましょう。

パートナーも最初ショックを受けるかも知れませんが、お互いが歩み寄り、気持ちを正直に打ち明けることでより深く理解し合える可能性が高いです。

もしかするとパートナーも誤解させるような言動をしていたことを謝ってくれるかも知れません。

夫婦で話し合う時には、お互いが今思っていることを正直に伝えあう他に、今後同じような疑わしい言動があった場合の取り決めをしておくことをおすすめします。

これはプライバシーを無視するということではなく、相手を不安にさせるような言動をしない、夫婦で過ごす時間を積極的にとるようにする、といった夫婦関係の改善案のことです。

それらを夫婦できちんと話し合っておけば、今後パートナーの言動に疑念を抱いたとしてもすぐに確認できる環境が整うでしょう。

②カウンセリングを受ける

一人で、または夫婦でカウンセリングを受けるのもひとつの方法です。

パートナーに対して探偵に浮気調査を依頼したことを打ち明けられない人もいるでしょう。

また浮気を確信していたのに結果が白だったことで気持ちを整理できず、かといってパートナーを疑う気持ちもなくならず、精神的に追い詰められてしまう人もいるでしょう。

夫婦で話し合った結果ぎくしゃくした雰囲気になるかも知れません。

その場合、カウンセリングが良い結果につながる可能性があります。

カウンセリングは第三者が介入するため冷静に話し合うことができますし、パートナーの言葉を冷静に受け止められるのがメリットです。

カウンセリングは夫婦で受けるのがベストですが、まずはひとりで相談して気持ちの整理をつけるのも良いでしょう。

NPO法人よつばでは、浮気調査が白だった場合に限らず、どなたのお悩みも専門カウンセラーに無料でご相談頂けます。

夫婦でのカウンセリングにも対応していますから一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

③探偵に再調査を依頼する

浮気調査の結果が白だったと言われても、やはり納得できない、という場合には探偵に再調査を依頼することも可能です。

もちろんその場合は別の探偵事務所や興信所に調査を依頼しましょう。

これは浮気調査結果が白だったとする探偵事務所の調査力が低いために事実を突き止められなかった可能性もあるからです。

あるいは最初に依頼した探偵事務所に再度依頼したいなら、調査員を変えてもらう方法もあります。

ただ前述のとおり、浮気の証拠が出ないからといっていつまでも調査を依頼していると調査料金が膨れ上がって大変なことになる場合がありますから、十分注意しましょう。

記事まとめ

記事まとめ

探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、パートナーが浮気していると確信しているケースがほとんどです。

中には「もしかしたら浮気しているかも知れない」という不安から探偵に依頼するケースもありますが、かなり稀なケースといえるでしょう。

そのため調査結果が白だったことを受け止められない場合もあります。

実はパートナーの浮気が疑われる時点で、NPO法人よつばにご相談頂くケースも少なくありません。

調査結果が白だったとしても調査費用は支払わなければいけません。

ムダに費用を支払わずに済むよう、事前に専門カウンセラーに現状をお話し頂くのもひとつの方法です。

その上で探偵に浮気調査を依頼しても決して遅くはありません。

NPO法人よつばでは信頼できる探偵事務所や弁護士の紹介も行っておりますので、パートナーの浮気でお悩みの方も、浮気調査の結果が白だったことを納得できない方もお気軽にご相談ください。

HOME > 浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは
この記事では、探偵事務所や興信所に依頼した浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいことや、その後すべきことについてくわしく解説します。
浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは
浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと、その後にすべきこととは

浮気調査の結果が白だったとき、パートナーが本当に浮気をしていないとは限らない

パートナーの浮気を確信したため、証拠を突きつけて離婚しよう、と決意して探偵に浮気調査を依頼したにも関わらず調査結果が白だった。

クロだと信じて疑わなかっただけに、調査結果が白だったといわれても、受け止めるのはなかなか難しいことでしょう。

この記事では、探偵事務所や興信所に依頼した浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいことや、その後すべきことについてくわしく解説します。

目次

浮気調査の結果が「白だった」ということも実際にある

浮気調査の結果が「白だった」ということも実際にある

探偵による浮気調査の結果は、必ずしもクロというわけではありません。「白だった」ということも実際にあります。

ただ「浮気の事実がなかった(白だった)」といわれても、一度生まれた疑念は簡単に拭えるものではないでしょう。

白だったという探偵事務所の調査結果を受けて、今後パートナーとどう向き合っていけば良いのかという対処についても考える必要がありそうです。

証拠がつかめなかったときに想定できるケース

探偵による浮気調査で証拠がつかめなかった時に想定できるケースとして、次のようなことが考えられます。

①本当に浮気の事実がない

パートナーが本当に浮気をしておらず結果が白だったケースもあります。

例を挙げると、パートナーがあなたに許してもらえないような趣味にこっそり没頭していたり、友人のトラブルに巻き込まれていたりして、それが浮気を疑われるような言動につながっていたというケースです。

その場合は浮気を疑ってしまったこと、探偵による浮気調査で事実を知ったことを素直に謝り、夫婦で話し合いの場を持つことをおすすめします。

また確信が持てない段階で探偵に浮気調査を依頼した場合、浮気調査の結果が白だったというケースは少なくありません。

調査費用も決して安いものではありませんから、確信が持てない段階で探偵に浮気調査を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

②浮気の証拠がつかめなかった

浮気調査で証拠がつかめず、結果として白だったというケースもあります。

例えば慎重な性格のパートナーであれば、あなたの態度の違いから浮気に気づかれていると感じ、ほとぼりが冷めるまで浮気相手と会うのを控えた結果白だったという可能性もあるでしょう。

浮気調査を依頼した探偵事務所や興信所の調査スキルが低く、調査対象者であるパートナーに気づかれるケースも稀にあります。

また元々浮気が頻繁に行われておらず、探偵による浮気調査の期間と浮気相手に会う予定が合わなかったため白だった可能性もあるでしょう。

浮気調査は長くかかれば費用が高額になりますから、パートナーの浮気が強く疑われるタイミングで調査スキルの高い探偵に浮気調査を依頼することが大切です。

③浮気相手とすでに別れてしまった

タイミングによっては探偵が浮気調査を行う時点で浮気相手とすでに別れてしまっていたため、結果が白だったということもあります。

その場合、過去にさかのぼって浮気をしていた証拠を見つけるのはかなり難しいかも知れません。

探偵による浮気調査で過去に浮気があったことが判明した場合は、夫婦での話し合いを行い関係の修復をはかるか、再調査によって浮気の証拠をつかみ離婚や慰謝料請求を行うかなどの選択をすることになるでしょう。

④肉体関係がない

パートナーは浮気相手と会っているけれど肉体関係がない場合もあります。いわゆる心の浮気だけで、調査結果としては白だったということです。

ドラマなどで「体の浮気は許せても心の浮気は許せない」というセリフがありますが、たしかに気持ちを持っていかれる方が耐えられないという方も多いでしょう。

心の浮気でも浮気には違いありませんが、離婚や慰謝料請求を行うためには肉体関係があることを示す証拠が必要となるため、このケースでは浮気調査の結果は白ということになります。

浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと

浮気調査の結果が白だった場合に気をつけたいこと

探偵による浮気調査の結果が白だった場合、次のようなポイントに注意しましょう。

①冷静になること

探偵による浮気調査の結果が白だった場合、まずは冷静になりましょう。

一番注意しなければいけないのは「何もないはずはない」と浮気の証拠をつかむために調査をいつまでも続けてしまうことです。

良心的な探偵事務所や興信所であれば「浮気調査を続けても何の証拠も出てこないことが予想されるため、時間とお金をムダにすることになりますよ」とアドバイスしてくれるでしょう。

悪質な探偵業者の場合「もう少し調査すれば何か不倫の証拠が出てくるかも知れません」と再調査を促し、高額な調査費用を請求する恐れもあります。

まずは冷静になって調査結果を受け止めましょう。

②自分の感情と向き合うこと

浮気調査の結果が白だった場合、さまざまな感情が湧き上がってきます。

完全な白だった場合には罪悪感を覚えるかも知れません。

浮気調査を依頼したことを後悔する可能性もあるでしょう。

またパートナーが浮気をしていないと分かってホッとした気持ちや、じゃああの怪しい行動は何だったの?という疑念が残る場合も考えられます。

それらの感情と素直に向き合い、自分の気持ちを整理してみましょう。

③違法行為を行わないこと

探偵に依頼した浮気調査が白だったことで「絶対に浮気をしているはずだ」と意地になり、探偵に依頼せず違法な浮気調査を行うケースもあります。

例えばパートナーの持ち物にボイスレコーダーを仕掛けたり、スマホにGPS機能のある浮気防止アプリを無断でインストールしたりしれば、違法行為として損害賠償請求されることもあり得ます。

違法行為による浮気調査で、万が一ボイスレコーダーの音声などの証拠が手に入ったとしても、離婚や慰謝料請求には使えません。

またボイスレコーダーなどを仕込んで違法に浮気調査を行っていたことがパートナーに知られれば、夫婦関係に修復が難しい溝ができてしまう可能性が高いでしょう。

浮気調査の結果が白だったことを信じられず、違法行為を行うことはリスクが大きくメリットがひとつもありませんから絶対に止めましょう。

それでも浮気を疑ってしまう。後悔しないためにすべきこと

それでも浮気を疑ってしまう。後悔しないためにすべきこと

探偵による浮気調査の結果が白だったとしても、一度抱いた疑念はなかなか消えてくれないものです。

だからといって不安になるあまりパートナーに対してひどい態度をとってしまうと、パートナーの気持ちが離れてしまう恐れもあります。

では浮気調査の結果が白だった場合どうするのが正解なのでしょう。

ここでは夫婦関係が壊れてしまう前にすべきことをくわしく紹介します。

①パートナーに対して思っていることを正直に伝える

浮気調査を行ったこと、結果が白だったことをパートナーに話して謝罪し、そこに至った経緯や理由、不安だった気持ちなどを正直に伝えましょう。

パートナーも最初ショックを受けるかも知れませんが、お互いが歩み寄り、気持ちを正直に打ち明けることでより深く理解し合える可能性が高いです。

もしかするとパートナーも誤解させるような言動をしていたことを謝ってくれるかも知れません。

夫婦で話し合う時には、お互いが今思っていることを正直に伝えあう他に、今後同じような疑わしい言動があった場合の取り決めをしておくことをおすすめします。

これはプライバシーを無視するということではなく、相手を不安にさせるような言動をしない、夫婦で過ごす時間を積極的にとるようにする、といった夫婦関係の改善案のことです。

それらを夫婦できちんと話し合っておけば、今後パートナーの言動に疑念を抱いたとしてもすぐに確認できる環境が整うでしょう。

②カウンセリングを受ける

一人で、または夫婦でカウンセリングを受けるのもひとつの方法です。

パートナーに対して探偵に浮気調査を依頼したことを打ち明けられない人もいるでしょう。

また浮気を確信していたのに結果が白だったことで気持ちを整理できず、かといってパートナーを疑う気持ちもなくならず、精神的に追い詰められてしまう人もいるでしょう。

夫婦で話し合った結果ぎくしゃくした雰囲気になるかも知れません。

その場合、カウンセリングが良い結果につながる可能性があります。

カウンセリングは第三者が介入するため冷静に話し合うことができますし、パートナーの言葉を冷静に受け止められるのがメリットです。

カウンセリングは夫婦で受けるのがベストですが、まずはひとりで相談して気持ちの整理をつけるのも良いでしょう。

NPO法人よつばでは、浮気調査が白だった場合に限らず、どなたのお悩みも専門カウンセラーに無料でご相談頂けます。

夫婦でのカウンセリングにも対応していますから一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

③探偵に再調査を依頼する

浮気調査の結果が白だったと言われても、やはり納得できない、という場合には探偵に再調査を依頼することも可能です。

もちろんその場合は別の探偵事務所や興信所に調査を依頼しましょう。

これは浮気調査結果が白だったとする探偵事務所の調査力が低いために事実を突き止められなかった可能性もあるからです。

あるいは最初に依頼した探偵事務所に再度依頼したいなら、調査員を変えてもらう方法もあります。

ただ前述のとおり、浮気の証拠が出ないからといっていつまでも調査を依頼していると調査料金が膨れ上がって大変なことになる場合がありますから、十分注意しましょう。

記事まとめ

記事まとめ

探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、パートナーが浮気していると確信しているケースがほとんどです。

中には「もしかしたら浮気しているかも知れない」という不安から探偵に依頼するケースもありますが、かなり稀なケースといえるでしょう。

そのため調査結果が白だったことを受け止められない場合もあります。

実はパートナーの浮気が疑われる時点で、NPO法人よつばにご相談頂くケースも少なくありません。

調査結果が白だったとしても調査費用は支払わなければいけません。

ムダに費用を支払わずに済むよう、事前に専門カウンセラーに現状をお話し頂くのもひとつの方法です。

その上で探偵に浮気調査を依頼しても決して遅くはありません。

NPO法人よつばでは信頼できる探偵事務所や弁護士の紹介も行っておりますので、パートナーの浮気でお悩みの方も、浮気調査の結果が白だったことを納得できない方もお気軽にご相談ください。

笑顔のコラム
離婚・養育費
無料相談窓口(10時から18時/年中無休)
年間相談件数7000件
フッターバナー