1. ご相談の実例No.137「勇気を出せました」
勇気を出せました

「勇気を出せました」

30代女性相談者

よつばさんにご相談させていただきました。

主人は教師ですが、家庭内ではDVをする夫であり、同じ職場の既婚女性と
不倫関係を続けています。

毎日、主人は仕事のストレスを家庭に持ち込み、様々な理由をつけては、
部屋で暴れ、私は殴られ、蹴られ、罵倒されます。

痣ができたり、骨折することも度たびありました。
病院の先生には、夫から暴力を受けた事は伝えていません。

転倒した位でつくような傷ではない為、先生も気づいているとは思いますが、
バレて問題になるのが怖くて、毎回違う病院を転々としています。

本当は離婚をした方がいいのだと思います。
何度もそう思いました。

でも、私には離婚する理由も主人を拒絶する理由もありません。
主人が私から離れていくのが怖くて、不倫の事を問い詰める事も出来ません。

主人が私から離れていく恐れから、主人の行動が全て私に原因があるといって、
考えることから逃げるようになりました。

よつばさんから指摘されるまでは、本当に私が悪いのだと信じ込んでいました。
私自身の気持ちから逃げる為の考えだったなんて少しも疑わなかったわけですから。

私が主人を愛していることに変わりはなく、もう一度私に振り向いてくれるように
努力はしていますが、なかなか結果が出ずに、4年位同じ状況が続いています。

ご飯は気まぐれに食べてくれますが、他はよそで食べてきたり、無断外泊などもあり、
帰って来ない事もあります。

本当は、寂しいです。そして、私たちの間に子供はいません。
私が不妊症だからです。ずっとセックスレスが続いています。

私が拒んでいるわけではないのですが、主人は私を抱こうとはしません。

「気持ちが悪い」

と言われたこともありました。

それがショックで、その日から寝室も別々になりました。
なぜ、私は離婚したくないのか、主人を嫌いになれないのか、未だに分かりません。

いつか私の精神と体が壊れてしまうかもしれない・・・。
女性カウンセラーに強くお話していただきました。

私は勇気を出すことを恐れていたのかもしれません。
もし、離婚という選択をしていたら、私の今はもっと変わっていたのかもしれません。

相談してからというもの、少しは自分のことに目を向けることが出来るようになったのか、
主人との離婚を視野に、一歩ずつ進んでいるところです。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばでは浮気や不倫など様々な問題の相談を無料で承っております。

ご相談の実例 > ご相談の実例No.137「勇気を出せました」

勇気を出せました

「勇気を出せました」

30代女性相談者

よつばさんにご相談させていただきました。

主人は教師ですが、家庭内ではDVをする夫であり、同じ職場の既婚女性と
不倫関係を続けています。

毎日、主人は仕事のストレスを家庭に持ち込み、様々な理由をつけては、
部屋で暴れ、私は殴られ、蹴られ、罵倒されます。

痣ができたり、骨折することも度たびありました。
病院の先生には、夫から暴力を受けた事は伝えていません。

転倒した位でつくような傷ではない為、先生も気づいているとは思いますが、
バレて問題になるのが怖くて、毎回違う病院を転々としています。

本当は離婚をした方がいいのだと思います。
何度もそう思いました。

でも、私には離婚する理由も主人を拒絶する理由もありません。
主人が私から離れていくのが怖くて、不倫の事を問い詰める事も出来ません。

主人が私から離れていく恐れから、主人の行動が全て私に原因があるといって、
考えることから逃げるようになりました。

よつばさんから指摘されるまでは、本当に私が悪いのだと信じ込んでいました。
私自身の気持ちから逃げる為の考えだったなんて少しも疑わなかったわけですから。

私が主人を愛していることに変わりはなく、もう一度私に振り向いてくれるように
努力はしていますが、なかなか結果が出ずに、4年位同じ状況が続いています。

ご飯は気まぐれに食べてくれますが、他はよそで食べてきたり、無断外泊などもあり、
帰って来ない事もあります。

本当は、寂しいです。そして、私たちの間に子供はいません。
私が不妊症だからです。ずっとセックスレスが続いています。

私が拒んでいるわけではないのですが、主人は私を抱こうとはしません。

「気持ちが悪い」

と言われたこともありました。

それがショックで、その日から寝室も別々になりました。
なぜ、私は離婚したくないのか、主人を嫌いになれないのか、未だに分かりません。

いつか私の精神と体が壊れてしまうかもしれない・・・。
女性カウンセラーに強くお話していただきました。

私は勇気を出すことを恐れていたのかもしれません。
もし、離婚という選択をしていたら、私の今はもっと変わっていたのかもしれません。

相談してからというもの、少しは自分のことに目を向けることが出来るようになったのか、
主人との離婚を視野に、一歩ずつ進んでいるところです。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件