1. ご相談の実例No.148「新婚で浮気」
新婚で浮気

「新婚で浮気」

20代女性相談者

最近入籍したばかりなのですが、主人の浮気が発覚しました。
離婚したいと思っています。

主人との交際期間は1年位なのですが、付き合っていた当初から、
主人は仕事関係の飲み会が頻繫にありました。

結婚してからもそれは変わらず、金曜日の夜は特に帰りが遅く、
朝帰りすることもありました。

しかし最近はやたらと、その頻度も多くなり、仕事で大変だなと
思っていましたが、疲れているようには感じないのです。

これまでは、主人が仕事以外で精神的なストレスを溜めないようにと
我慢してはいました。

ですが、何かおかしいと思い、主人の携帯を見てしまいました。

そこには、私の知らない女性との連絡のやりとりが残っており、
仕事の飲み会は口実だったのです。

私には、「仕事の付き合いだから、仕方がない。」と嘘をついて
いたのです。

私が主人の浮気について、おかしいと思いながらも仕事という
言い訳に目を向けなかった結果です。

主人への怒りで頭がいっぱいになり、その日、帰宅した主人を
問い詰めました。

主人は「別に浮気してないし、飲みにいっただけ」と・・・。
肉体関係までは認めようとはしませんでした。

それが事実だとしても、嘘をついていたことに変わりはありません。
浮気していないという言葉すら信じることはできませんでした。

そこで、実際は見てはいないのですが、

「カバンの中からコンドームが出てきたよ」

と言ってみたところ、

「ごめん。後悔してる」

と自白したのです。
カマをかけたつもりだったのに、浮気の事実を知ってしまいました。

離婚、、、
それだけが頭をよぎりましたが、自白だけで、実際の証拠はなく、
こちらに相談することにしたのです。

浮気しているという言葉だけで、簡単に離婚して、慰謝料を請求できる
と思っていました。

しかし、その自白ですら嘘と言われてしまえば、問い詰めた私の立場も
悪くなってしまいかねません。

そうならないためにも、離婚を進めるために様々なアドバイスをして
いただきました。

離婚に向けて一歩ずつ前に進めています。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばでは浮気や不倫など様々な問題の相談を無料で承っております。

ご相談の実例 > ご相談の実例No.148「新婚で浮気」

新婚で浮気

「新婚で浮気」

20代女性相談者

最近入籍したばかりなのですが、主人の浮気が発覚しました。
離婚したいと思っています。

主人との交際期間は1年位なのですが、付き合っていた当初から、
主人は仕事関係の飲み会が頻繫にありました。

結婚してからもそれは変わらず、金曜日の夜は特に帰りが遅く、
朝帰りすることもありました。

しかし最近はやたらと、その頻度も多くなり、仕事で大変だなと
思っていましたが、疲れているようには感じないのです。

これまでは、主人が仕事以外で精神的なストレスを溜めないようにと
我慢してはいました。

ですが、何かおかしいと思い、主人の携帯を見てしまいました。

そこには、私の知らない女性との連絡のやりとりが残っており、
仕事の飲み会は口実だったのです。

私には、「仕事の付き合いだから、仕方がない。」と嘘をついて
いたのです。

私が主人の浮気について、おかしいと思いながらも仕事という
言い訳に目を向けなかった結果です。

主人への怒りで頭がいっぱいになり、その日、帰宅した主人を
問い詰めました。

主人は「別に浮気してないし、飲みにいっただけ」と・・・。
肉体関係までは認めようとはしませんでした。

それが事実だとしても、嘘をついていたことに変わりはありません。
浮気していないという言葉すら信じることはできませんでした。

そこで、実際は見てはいないのですが、

「カバンの中からコンドームが出てきたよ」

と言ってみたところ、

「ごめん。後悔してる」

と自白したのです。
カマをかけたつもりだったのに、浮気の事実を知ってしまいました。

離婚、、、
それだけが頭をよぎりましたが、自白だけで、実際の証拠はなく、
こちらに相談することにしたのです。

浮気しているという言葉だけで、簡単に離婚して、慰謝料を請求できる
と思っていました。

しかし、その自白ですら嘘と言われてしまえば、問い詰めた私の立場も
悪くなってしまいかねません。

そうならないためにも、離婚を進めるために様々なアドバイスをして
いただきました。

離婚に向けて一歩ずつ前に進めています。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件