1. ご相談の実例No.161「産後の変化が夫に与えた影響」
産後の変化が夫に与えた影響

「産後の変化が夫に与えた影響」

30代女性相談者

結婚してすぐに子供を授かったのですが、子供が生まれて以降、
夫を生理的に受け付けなくなってしまいました。

そして、夫の浮気を知りました。
子供が生まれてからの夫婦関係がうまくいかず、そのせいで浮気をしてしまったと。

夫とは、出産前はとても仲良く、一緒に居ると落ち着くし、居心地が良かったのですが、
出産後、子供のことが第一になってしまい、夫に拒絶反応を示すようになりました。

夫が仕事から帰宅して、手も洗わず生後間もない子供に触れたり、頬擦りをすると、
どうしても許せず、自分自身に触れられるのも嫌になってきました。

その時は、子供だけいれば十分で、夫に対する嫌悪感から夫婦関係を続けていけるのか
と離婚も考えるようになっていました。

産後の変化は、女性ホルモンの関係で仕方のない事だとは聞きます。

先日、家計管理をしている傍ら、月々の支払いを確認するために、夫の財布に入っている
レシートを確認した時に、ラブホテルのレシートが見つかりました。

夫に問いただすと、酔って休む場所がなく、仕方なくラブホテルを利用したということ
でしたが、そもそも、お酒に弱い夫が数時間の利用だけで帰宅できるわけはありません。

その日、言い争いにまで発展し、夫の口から浮気をしたことを告げられました。

私との夜の営みがなくなってしまったことや子供が生まれて冷たくなったことで、
寂しさから浮気をしたのだと私を責めました。

私にも責任があるとはいえ、初めての子育てや精神的な変化は仕方がないことで、
夫自身に対する不満もたくさんあります。

他の女性と肉体関係を持ったのだと思うと、前以上に夫が気持ち悪くなってしまって、
正直なところ、夫を受け付けることが出来なくなってしまいました。

この状況では、夫婦生活を続けてもお互いに苦しいだけだと思い、離婚の進め方に
ついてよつばさんに相談しました。

離婚を優位に進めるのであれば、浮気の証拠を掴んだ方が良いとアドバイスをいただき
ましたが、私自身が原因なところは否めません。

本人が浮気を認めていることもあり、おそらく、相手とは今後会わない雰囲気もあって、
離婚を進めることにしました。夫に対する愚痴は大分聞いていただきましたが・・・。

産休中ですが、私も仕事はもっているので、両親の助けをもらいながら子供を育てて
行く決心がついたこともあり、背中を押していただいて本当に感謝しています。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばでは浮気や不倫など様々な問題の相談を無料で承っております。

ご相談の実例 > ご相談の実例No.161「産後の変化が夫に与えた影響」

産後の変化が夫に与えた影響

「産後の変化が夫に与えた影響」

30代女性相談者

結婚してすぐに子供を授かったのですが、子供が生まれて以降、
夫を生理的に受け付けなくなってしまいました。

そして、夫の浮気を知りました。
子供が生まれてからの夫婦関係がうまくいかず、そのせいで浮気をしてしまったと。

夫とは、出産前はとても仲良く、一緒に居ると落ち着くし、居心地が良かったのですが、
出産後、子供のことが第一になってしまい、夫に拒絶反応を示すようになりました。

夫が仕事から帰宅して、手も洗わず生後間もない子供に触れたり、頬擦りをすると、
どうしても許せず、自分自身に触れられるのも嫌になってきました。

その時は、子供だけいれば十分で、夫に対する嫌悪感から夫婦関係を続けていけるのか
と離婚も考えるようになっていました。

産後の変化は、女性ホルモンの関係で仕方のない事だとは聞きます。

先日、家計管理をしている傍ら、月々の支払いを確認するために、夫の財布に入っている
レシートを確認した時に、ラブホテルのレシートが見つかりました。

夫に問いただすと、酔って休む場所がなく、仕方なくラブホテルを利用したということ
でしたが、そもそも、お酒に弱い夫が数時間の利用だけで帰宅できるわけはありません。

その日、言い争いにまで発展し、夫の口から浮気をしたことを告げられました。

私との夜の営みがなくなってしまったことや子供が生まれて冷たくなったことで、
寂しさから浮気をしたのだと私を責めました。

私にも責任があるとはいえ、初めての子育てや精神的な変化は仕方がないことで、
夫自身に対する不満もたくさんあります。

他の女性と肉体関係を持ったのだと思うと、前以上に夫が気持ち悪くなってしまって、
正直なところ、夫を受け付けることが出来なくなってしまいました。

この状況では、夫婦生活を続けてもお互いに苦しいだけだと思い、離婚の進め方に
ついてよつばさんに相談しました。

離婚を優位に進めるのであれば、浮気の証拠を掴んだ方が良いとアドバイスをいただき
ましたが、私自身が原因なところは否めません。

本人が浮気を認めていることもあり、おそらく、相手とは今後会わない雰囲気もあって、
離婚を進めることにしました。夫に対する愚痴は大分聞いていただきましたが・・・。

産休中ですが、私も仕事はもっているので、両親の助けをもらいながら子供を育てて
行く決心がついたこともあり、背中を押していただいて本当に感謝しています。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件