1. ご相談の実例No.166「離婚と養育費」
離婚と養育費

「離婚と養育費」

30代女性相談者

主人の2回目の浮気が発覚したのは3か月前。

何かおかしい、怪しいと思いメールを見つけて問いただしたところ、主人はあっさり浮気を認めました。

1人目の子供がお腹にいる時にも浮気があって、その時も離婚したいと思ったのですが、

主人も頭を下げてもう二度と浮気はしない。という事と、これから産まれてくる子供のことを

考えて踏みとどまりました。

しかし、今回あっさり認めたものの、私に対する接し方が妙に威圧的なり、

それが子供にも最近でてきていて、このままいけば虐待になるのではないか?と考え

子供達を守る意味も含めて離婚を考え、何から手を付けたらいいのかが分からずよつばさんに相談しました。

まず、カウンセラーの方に言われたのが、子供のことを考えても修復が厳しいのであれば

離婚は仕方ないかと思うけども、小さい子供2人抱えて生活するのは厳しいのが現状なので、

計画的に進めていきましょう。とアドバイスを受けました。

まず、子供2人生活するためには家賃などを含めて生活費がいくら必要になってくるか?を計算。

次に、ご主人に求める養育費、ひとり親の支援金、こども手当など諸々合わせて幾らくらいになって

必要な金額から、実際に足りない金額はいくらなのか?の割り出し。

それが割り出されてから、すぐに離婚をするのではなく、準備するという意味合いも含めて

ご主人とは別居して婚姻費用の請求して別居期間の生活費の確保と仕事の確保。

私としては、子供も怖がっていることもあり、養育費はいらないから子供に会わせたくないと

考えていましたが、養育費は子供の権利で5年で時効になっていくから、もらえるものはもらっておきなさい。

というアドバイスも受けました。

結婚するときは幸せな日を夢見てましたが、まさか夫が浮気したり、子供を大事にしない人

だとは思いませんでしたが、まずは別居の準備からしていきたいと思いますので、

また、相談のお電話をするかと思いますがよろしくお願いします。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばでは浮気や不倫など様々な問題の相談を無料で承っております。

ご相談の実例 > ご相談の実例No.166「離婚と養育費」

離婚と養育費

「離婚と養育費」

30代女性相談者

主人の2回目の浮気が発覚したのは3か月前。

何かおかしい、怪しいと思いメールを見つけて問いただしたところ、主人はあっさり浮気を認めました。

1人目の子供がお腹にいる時にも浮気があって、その時も離婚したいと思ったのですが、

主人も頭を下げてもう二度と浮気はしない。という事と、これから産まれてくる子供のことを

考えて踏みとどまりました。

しかし、今回あっさり認めたものの、私に対する接し方が妙に威圧的なり、

それが子供にも最近でてきていて、このままいけば虐待になるのではないか?と考え

子供達を守る意味も含めて離婚を考え、何から手を付けたらいいのかが分からずよつばさんに相談しました。

まず、カウンセラーの方に言われたのが、子供のことを考えても修復が厳しいのであれば

離婚は仕方ないかと思うけども、小さい子供2人抱えて生活するのは厳しいのが現状なので、

計画的に進めていきましょう。とアドバイスを受けました。

まず、子供2人生活するためには家賃などを含めて生活費がいくら必要になってくるか?を計算。

次に、ご主人に求める養育費、ひとり親の支援金、こども手当など諸々合わせて幾らくらいになって

必要な金額から、実際に足りない金額はいくらなのか?の割り出し。

それが割り出されてから、すぐに離婚をするのではなく、準備するという意味合いも含めて

ご主人とは別居して婚姻費用の請求して別居期間の生活費の確保と仕事の確保。

私としては、子供も怖がっていることもあり、養育費はいらないから子供に会わせたくないと

考えていましたが、養育費は子供の権利で5年で時効になっていくから、もらえるものはもらっておきなさい。

というアドバイスも受けました。

結婚するときは幸せな日を夢見てましたが、まさか夫が浮気したり、子供を大事にしない人

だとは思いませんでしたが、まずは別居の準備からしていきたいと思いますので、

また、相談のお電話をするかと思いますがよろしくお願いします。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件