1. ご相談の実例No.167「浮気相手への慰謝料請求」
浮気相手への慰謝料請求

「浮気相手への慰謝料請求」

30代女性相談者

半年前に夫の浮気が発覚。浮気相手は会社の同僚。

私自身も元は夫同じ会社で知り合って結婚したのですが、その同僚は私の同期の子でした。

その子からも時々は連絡もあったので、尚更精神的なショックが大きく今でもまだ完全に立ち直れている訳ではありません。

結婚3年目でまだ子供はいないので、この状況は離婚しか浮かばなかったのですが、どうしたら良いのか分からずいたところで、よつばさんに相談をさせてもらいました。

まず、相手が認めていたとしても、それだけでは後々はぐらかされる可能性もあるので、不貞行為を認めそれに対して慰謝料を払う。という文面と

慰謝料を払う事で完全に認める事になる。という事と、慰謝料は大きく取れれば越したことはないけども、大きく取るというよりは

不貞行為に対して慰謝料を払ってもらう。という事が重要。また、抑止にも繋がることなので、今後の事を踏まえ、最初の慰謝料は双方合意した金額と、慰謝料を払った後でも

まだ会っている事が分かった場合についての誓約の方が大事だという事もアドバイスを受けました。

担当の方は男性でしたが女性側の気持ちをとても理解してくれた上でこれ以外にも沢山のアドバイスをもらい、担当の方には今でも相談に乗ってもらっています。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばでは浮気や不倫など様々な問題の相談を無料で承っております。

ご相談の実例 > ご相談の実例No.167「浮気相手への慰謝料請求」

浮気相手への慰謝料請求

「浮気相手への慰謝料請求」

30代女性相談者

半年前に夫の浮気が発覚。浮気相手は会社の同僚。

私自身も元は夫同じ会社で知り合って結婚したのですが、その同僚は私の同期の子でした。

その子からも時々は連絡もあったので、尚更精神的なショックが大きく今でもまだ完全に立ち直れている訳ではありません。

結婚3年目でまだ子供はいないので、この状況は離婚しか浮かばなかったのですが、どうしたら良いのか分からずいたところで、よつばさんに相談をさせてもらいました。

まず、相手が認めていたとしても、それだけでは後々はぐらかされる可能性もあるので、不貞行為を認めそれに対して慰謝料を払う。という文面と

慰謝料を払う事で完全に認める事になる。という事と、慰謝料は大きく取れれば越したことはないけども、大きく取るというよりは

不貞行為に対して慰謝料を払ってもらう。という事が重要。また、抑止にも繋がることなので、今後の事を踏まえ、最初の慰謝料は双方合意した金額と、慰謝料を払った後でも

まだ会っている事が分かった場合についての誓約の方が大事だという事もアドバイスを受けました。

担当の方は男性でしたが女性側の気持ちをとても理解してくれた上でこれ以外にも沢山のアドバイスをもらい、担当の方には今でも相談に乗ってもらっています。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件