1. No.83「子連れの再婚」
子連れの再婚|ご相談の実例No.83

「子連れの再婚|ご相談の実例No.83」

30代女性相談者

妻とは34歳の時、8歳と6歳の子供を連れて再婚しました。前妻とは病気で死別しており、子連れでの結婚は難しいとは思っていましたが、子供たちも妻に良く懐き、二人の母親を受け入れて円満な家庭を築いていました。 妻も子供たちを可愛がってくれましたが、私と妻の間に新しい子を授かってからは、その子ばかりを可愛がるようになってしまったのです。

実の子が可愛いのは勿論分かりますが、妻が冷たくなったように感じ取った子供たちは困惑しきり。それでも家事に育児にと忙しく動いてくれていたので、とりあえず…という思いで相談させていただきました。 対応してくださったのは子連れの再婚への理解が深い方で、お子さんのいる女性でしたので母親という立場からアドバイスをくださいました。 曰く、妻は初めての子育てから、慣れない赤ん坊の世話で手一杯になっている可能性があるということでした。

確かに仰る通りでした。元来、頑張り屋な性格の妻は、赤ん坊が生まれてからも家事を疎かにしません。 そんな負担に気が付かず不安を感じていた自分を恥じ、すぐ家事や育児に関する相談を持ち掛けました。 すると、「そんな風に言ってもらえるとは思わなかった」と妻は涙を流しました。本当に反省しきりです。 気持ちに余裕がなく上の子二人に可哀そうな思いをさせた、と言ってくれ、今後はそのようなことがないよう、家事と育児の分担制を採用しました。これもアドバイスの賜物です。 今は互いにため込むことなく、困ったことはすぐに相談できる関係となりました。子供たちとの関係も元通り。以前よりも家族の絆が増したようにも感じています。 正直に真正面から話をして正解でした。手厳しいかもしれないけれど、と言いつつ優しく相談に乗ってくださったことに本当に感謝しています。

無料相談はこちら

ご相談の実例一覧へ

NPO法人よつばが対応した子連れの再婚についてのご相談です。

ご相談の実例 > No.83「子連れの再婚」

子連れの再婚|ご相談の実例No.83

「子連れの再婚|ご相談の実例No.83」

30代女性相談者

妻とは34歳の時、8歳と6歳の子供を連れて再婚しました。前妻とは病気で死別しており、子連れでの結婚は難しいとは思っていましたが、子供たちも妻に良く懐き、二人の母親を受け入れて円満な家庭を築いていました。 妻も子供たちを可愛がってくれましたが、私と妻の間に新しい子を授かってからは、その子ばかりを可愛がるようになってしまったのです。

実の子が可愛いのは勿論分かりますが、妻が冷たくなったように感じ取った子供たちは困惑しきり。それでも家事に育児にと忙しく動いてくれていたので、とりあえず…という思いで相談させていただきました。 対応してくださったのは子連れの再婚への理解が深い方で、お子さんのいる女性でしたので母親という立場からアドバイスをくださいました。 曰く、妻は初めての子育てから、慣れない赤ん坊の世話で手一杯になっている可能性があるということでした。

確かに仰る通りでした。元来、頑張り屋な性格の妻は、赤ん坊が生まれてからも家事を疎かにしません。 そんな負担に気が付かず不安を感じていた自分を恥じ、すぐ家事や育児に関する相談を持ち掛けました。 すると、「そんな風に言ってもらえるとは思わなかった」と妻は涙を流しました。本当に反省しきりです。 気持ちに余裕がなく上の子二人に可哀そうな思いをさせた、と言ってくれ、今後はそのようなことがないよう、家事と育児の分担制を採用しました。これもアドバイスの賜物です。 今は互いにため込むことなく、困ったことはすぐに相談できる関係となりました。子供たちとの関係も元通り。以前よりも家族の絆が増したようにも感じています。 正直に真正面から話をして正解でした。手厳しいかもしれないけれど、と言いつつ優しく相談に乗ってくださったことに本当に感謝しています。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件