1. くらたまXよつば連載漫画

くらたまXよつば 連載漫画第6回 マザコンは治らない 2021年9月8日更新

倉田さんからの”ひとこと”

大好物が早々変わらないように、ママ好きなのもいつでもママの味方なのも、なかなか変わるものじゃありません。実際私の知人にも、「母親と妻、崖から落ちそうになってたら迷わず母を選ぶ」といってはばからない人もいます。もしその夫と結婚生活をうまく続けたいのなら、そういう夫も受け入れるしかないんですよ。「彼の価値観を変える」のは無理です。もしかしたら、長い年月の中で変わっていく可能性もゼロではないですが、それを期待してはいけません。「いつでも私より姑を選ぶ夫だけど、そんな夫を愛している」という状態に納得し、その中で幸せを見つけていくしかないんです。見方によっては、「親孝行で母親から受けた恩を忘れない男」として、素敵に見えることもあるかもしれませんよ。まあ、私は好みではありませんが…

倉田真由美(クラタ マユミ)漫画家

漫画家 元NHK経営委員会委員。
1971年福岡生まれ。
一橋大学商学部卒業。
折からの氷河期もあり就職活動がうまくいかず、漫画家を目指す。23歳で講談社ヤングマガジンギャグ大賞受賞。2000年~2013年まで週刊SPA!で連載した『だめんず・うぉ~か~』がブレイク。ドラマ化もされ、「だめんず」も流行語になり、一躍時の人に。
その後、テレビコメンテーター、YouTube等様々なことに手を出して今に至る。代表作は『だめんず・うぉ~か~』『婚活迷宮の女たち』など多数。また、『うさぎとくらたまのホストクラブなび』など中村うさぎとの共著も多い。

倉田真由美とよつばがお送りする離婚相談や借金・金銭トラブルの連載漫画「マザコンは治らない」
よつばについて

HOME > くらたまXよつば連載漫画

くらたまXよつば
連載漫画第6回 マザコンは治らない 2021年9月8日更新

倉田さんからの”ひとこと”

大好物が早々変わらないように、ママ好きなのもいつでもママの味方なのも、なかなか変わるものじゃありません。実際私の知人にも、「母親と妻、崖から落ちそうになってたら迷わず母を選ぶ」といってはばからない人もいます。もしその夫と結婚生活をうまく続けたいのなら、そういう夫も受け入れるしかないんですよ。「彼の価値観を変える」のは無理です。もしかしたら、長い年月の中で変わっていく可能性もゼロではないですが、それを期待してはいけません。「いつでも私より姑を選ぶ夫だけど、そんな夫を愛している」という状態に納得し、その中で幸せを見つけていくしかないんです。見方によっては、「親孝行で母親から受けた恩を忘れない男」として、素敵に見えることもあるかもしれませんよ。まあ、私は好みではありませんが…

倉田真由美(クラタ マユミ)漫画家

漫画家 元NHK経営委員会委員。
1971年福岡生まれ。
一橋大学商学部卒業。
折からの氷河期もあり就職活動がうまくいかず、漫画家を目指す。23歳で講談社ヤングマガジンギャグ大賞受賞。2000年~2013年まで週刊SPA!で連載した『だめんず・うぉ~か~』がブレイク。ドラマ化もされ、「だめんず」も流行語になり、一躍時の人に。
その後、テレビコメンテーター、YouTube等様々なことに手を出して今に至る。代表作は『だめんず・うぉ~か~』『婚活迷宮の女たち』など多数。また、『うさぎとくらたまのホストクラブなび』など中村うさぎとの共著も多い。

笑顔のコラム

無料相談窓口(10時から18時/年中無休)

年間相談件数7000件
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>