実例No.86「嫁の浮気と親権」

ご相談の実例 >「嫁の浮気と親権」

「嫁の浮気と親権」

「嫁の浮気と親権」

60代男性相談者

息子が嫁から離婚したいと言われ、一度は修復に向け話が進んだものの、 再度嫁より離婚請求をされました。

嫁からの離婚理由は性格の不一致との事でした。互いに今まで激しく 衝突することはなく突然の離婚宣言から、

息子が精神的に参ってしまい私が代わりに相談をしました。 息子はなんとなく嫁に他に男がいるのではないかと思っていたようですが、

状況をカウンセラーの人に説明すると、男性の影はあるかと聞かれたので ピンときました。

嫁が子供を連れ出て行き、別居状態であったので、先ずは調べてみてはと 提案され、息子と相談し調べてみた結果、嫁の浮気が分かり、 さらには男性に子供を会わせていたようです。

真実を知った息子は激怒し、離婚を決断しました。私達も離婚には賛成でした。 ですが息子が親権を心配しており、

カウンセラーの人に再度相談に乗ってもらいそこまで証拠があるなら、 育児放棄を証明できる、争える材料に十分になりうると言っていただき

希望が持てた息子が離婚と親権の申し立てをしました。今はまだ裁判中 ですが、結果が出たらまたご報告させて頂こうと思います。

お世話になりました。ありがとうございます。

ご相談の実例へ

無料相談窓口(10時?18時/年中無休)

年間相談件数7000件